新札幌情報ナビ

札幌市厚別区の新札幌エリアとその周辺の地域情報・話題をお届けします。

09メディア・報道(テレビ・新聞・雑誌その他)

【悲報】まんまる新聞の編集長(散歩人)が引退!人気コラム「散歩道」を執筆【札幌市厚別区】

投稿日:


厚別区内をはじめ江別市などで配布されているフリーペーパー「まんまる新聞」の編集長が引退するという告知が、2020年1月31日号に掲載されました。

スポンサーリンク


 

まんまる新聞とは

「まんまる新聞」は、有限会社くらしの新聞社が発行し、江別市、札幌市厚別区、北広島西地区に無料でほぼ全戸配布されているフリーペーパーです。、大判ブランケット(406.5mm×534mm)の4~8ページ、毎週木曜日発行で毎回約11万部を発行しています。

十数年前(?)の創刊当初は、現在サブタイトルとなっている「グリーンタウン」というのがフリーペーパーの名称ではなかったかと筆者は記憶しています。

人気のコラム「散歩道」を執筆

この「まんまる新聞」の人気コラム「散歩道」を執筆していたのが、くらしの新聞社社長で「まんまる新聞」編集長の伊藤博和さん。コラムでは「散歩人」を名乗っていました。

スキンヘッドの独特な風貌とフレンドリーな人あたりで、江別市内ではネット配信の映像番組にも出演していました。

1月31日発行号で「散歩人」引退の告知

2020年1月31日号のコラム「散歩道」では、最後に「散歩道最終回のご挨拶」という囲みがあり、「散歩人は身体的事情により引退」と記されています。

この告知に多くのファンが、寂しさと悲しみを覚えたに違いありません。

他の記事より真っ先に、この人情味あふれるコラム「散歩道」を楽しみに読んだ人も多いかと思います。

昨年(2019年)末くらいに、伊藤博和さんが社長を勇退される、という話は風の便りで聞こえてきていました。しかし、コラムは続けられるのかと勝手に期待していたところでしたが、「身体的事情」ということで、なんとも残念なことです。

「身体的事情」がどのようなものか、全くわかりませんが、どうかお元気で、今後も厚別区・新札幌エリアの発展を見守っていただきたいと思います。

 

【関連記事】

「まんまる新聞」は、こんな場所で作られている。JR厚別駅前の(有)くらしの新聞社【札幌市厚別区】/2017年2月26日

厚別区と江別市内で絶大な広告効果「まんまる新聞」イベント・講座・公演情報で威力発揮/2019年1月4日

外部リンク:まんまる新聞

スポンサーリンク



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

-09メディア・報道(テレビ・新聞・雑誌その他)

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

HBC吉田類のぶらり街めぐり厚別・新札幌編_番組内容レポート2017.03.19放送【札幌市厚別区】

画像出典HBCテレビ吉田類_北海道ぶらり街めぐり HBCのテレビ番組「吉田類_北海道ぶらり街めぐり」で2017年3月19日(日)16:00~16:30「厚別・新札幌編」が放映されました。 BS-TBS …

シューイチ出演「コロッケ王子」の正体はサンマルコ食品の取締役【札幌市厚別区】

我が厚別が誇る会社「サンマルコ食品」の代表取締役でコロッケ王子の異名をとる藤井幸大さんがテレビの人気番組「シューイチ」に出演し、油で揚げないヘルシーコロッケのレシピを実演紹介しました。 スポンサーリン …

「大衆食堂」の不思議~なぜ女性客がいない?

Table of Contents 大衆食堂には日本の食文化の歴史が詰まっている「大衆食堂」には、おじさんばっかり女性が入りやすい飲食店とは入りずらいお店は、おじさんのせいかもしれない関連 大衆食堂に …

「まんまる新聞」は、こんな場所で作られている。JR厚別駅前の(有)くらしの新聞社【札幌市厚別区】

「まんまる新聞」は、有限会社くらしの新聞社が発行し、江別市、札幌市厚別区、北広島西地区に無料でほぼ全戸配布されているフリーペーパーです。 江別市民や厚別区民は、毎週木曜日、金曜日あたりになるとポストに …

今だけの超レア現象か?「原始林通り」がGoogleマップで「城堀林道」に【札幌市厚別区】

Googleマップがゼンリンとの契約解除に伴い自前作成のマップに変更したことで、「マップが劣化した」「陳腐化した」と話題になっています。 なんと、新札幌エリアでも、注目すべき現象が起きていることが分か …

スポンサーリンク




スポンサーリンク 楽天市場