新札幌情報ナビ

札幌市厚別区の新札幌エリアとその周辺の地域情報・話題をお届けします。

08開発・建設・工事・不動産

新札幌に建設される札幌学院大学の新キャンパスは市民利用可の「開放型」【札幌市厚別区】

投稿日:


大学や専門学校の建設が予定されている「G街区」

2019年春から着工される新札幌駅周辺の再開発では、札幌市青少年科学館横の「G街区」に、札幌学院大学(江別市)、産業技術学園(恵庭市)の新キャンパスの建設が予定されています。

このうち、札幌学院大学の新キャンパスについては、地上6階建て、2021年4月開学予定と公表されています。

スポンサーリンク


 

一般市民も利用できる施設に

「都市型」「開放型」を目指す札幌学院大学の新キャンパスは、1階にはカフェ、レストランのほか、現在札幌市中央区にある社会連携センターを「産学連携センター」(仮称)として移転。

2階には図書館、多目的ホールなどが入り、これら1階、2階の施設は市民も利用できるようにするとのことです。(3階から6階は教室や研究室)

<2018年12月25日の記者会見の様子>

新札幌エリアに新たな商機か

札幌学院大学では、現在江別市にあるキャンパスから最終的に学生の約半数を新キャンパスに移す計画で、その数は約1,600人と想定されています。

多くの学生たちが平日の日中に新札幌エリアを訪れることになるのです。

一方、2016年から2017年にかけて行われた新札幌の商業施設の大規模リニューアルでは、ターゲットとする客層の若返りが図られましたが、依然として現状とのミスマッチがあり、苦戦している店舗も多いようです。

当初想定していた客層と異なるかもしれませんが、札幌学院大学の新キャンパスの開学により、多くの大学生が訪れることで、新札幌エリアに、これまでにない新たな商機が生まれることでしょう。

【関連記事】

shinsapporo.lomo.jp

スポンサーリンク



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

-08開発・建設・工事・不動産
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

高コレステロール治療薬「クレストール」をアパート名として掲げている3棟【札幌市厚別区】

北海道札幌市厚別区某所に「クレストール」という名称の3棟のアパートがあります。 一方で、有名な高コレステロール治療薬で「クレストール」というのがあります。 このアパートのオーナーさんは、この薬を服用し …

子育て支援センター「ちあふる・あつべつ」2019年4月の開所を目指し工事が進む【札幌市厚別区】

2018年11月18日撮影 2019年(平成31年)4月1日オープン予定の「札幌市厚別区保育・子育て支援センター(ちあふる・あつべつ)」の建設工事が厚別中央1条6丁目の旧札幌市営住宅「I街区」跡地で進 …

厚別中央4条5丁目の太陽生命札幌寮の解体工事進む【札幌市厚別区】

厚別中央4条5丁目、ケイティズカフェの並びの「太陽生命札幌寮」の解体工事が行われています。 4階建ての大きな建物でしたが、解体後は、どのようになるのでしょうか。 スポンサーリンク   新さっ …

老朽ビルの解体が進む厚別駅エリア_新札幌再開発の狭間で需要を探る旧旭町【札幌市厚別区】

かつて「旭町」と呼ばれ厚別の中心地だったエリアで住宅やビルの建て替えが盛んにおこなわれています。 中でも、かつて飲食店などが入居し、賑わいを作り出していた貸しビルの解体後の行方は、新札幌駅周辺の再開発 …

2019年11月6日で厚別区誕生30周年を迎えます。今年は、記念事業などが計画中【札幌市厚別区】

札幌市厚別区は、2019年(平成31年)11月6日に誕生30周年を迎えます。 厚別区が誕生したのは、1989年(平成元年)、札幌市白石区から分区する形で生まれました。面積は24.38平方キロメートルで …

スポンサーリンク




スポンサーリンク 楽天市場