この記事の筆者・著者/新札幌情報ハンター

08開発・建設・工事・不動産

ダイワハウス工業が「新さっぽろ駅周辺地区での大規模複合開発プロジェクト」を公表【札幌市厚別区】


ダイワハウス工業株式会社は、2018年12月17日付けで「新さっぽろ駅周辺地区での大規模複合開発プロジェクト」について、札幌市と公有財産土地売買契約を締結し、開発に着手することを公表しました。

ダイワハウス工業では、この開発プロジェクト名を「(仮称)新さっぽろ駅周辺地区G・I街区開発プロジェクト」とし、総敷地面積約55,700㎡(札幌ドーム約1個分)に住宅・商業施設・教育施設・医療施設を一体開発する大規模複合開発プロジェクトであると説明しています。

スポンサーリンク


 

全体配置図/出典:ダイワハウス工業(株)

 

「I街区」の開発概要

住所  札幌市厚別区厚別中央一条6丁目493-12他

「I街区」は、JR函館本線の横、ホクノー新札幌ビルの裏手に広がるエリアで、現在建設が進んでいる「札幌市厚別区保育・子育て支援センター(ちあふる・あつべつ)/平成31年4月開館予定)に隣接しています。

ここには、分譲マンションやホテル、商業施設のほか医療施設4棟が計画されており、これまでの構想でも示されていましたが、各施設を「アクティブリンク(空中歩廊)」で接続し、JR「新札幌駅」北側とも空中歩廊でつなげることが明らかになりました。

造成工事着工は2019年4月の予定です。

【建設概要】
・分譲マンション 地上30階建て、2022年12月入居開始予定
・ホテル 地下1階、地上12階建て、2023年4月以降開業予定
・商業施設 地上5階建て、2023年4月以降開業予定
・メディカルA(新さっぽろ脳神経外科病院) 地上7階建て、2022年7月開業予定
・メディカルB(新札幌整形外科病院) 地上4階建て、2022年7月開業予定
・メディカルC(記念塔病院) 地上6階建て、2022年7月開業予定
・メディカルD 地下1階、地上6階建て、2022年7月開業予定

 

「G街区」の開発概要

住所 札幌市厚別区厚別中央一条5丁目493-27

「G街区」には、大学(学校法人札幌学院大学/江別市)と専門学校(学校法人産業技術学園/恵庭市)の進出が決まっており、2019年3月にも造成工事に着工します。
隣接する札幌市青少年科学館などとともに文教ゾーンを形成することとなります。

【建設概要】
・札幌学院大学(社会科学系学部学科・心理学部・大学院)
地上6階建て、2021年4月開学予定
・産業技術学園(看護医療系学科)
地上5階建て、2021年4月開学予定

スポンサーリンク



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ

-08開発・建設・工事・不動産

© 2021 新札幌情報ハンター Powered by AFFINGER5