新札幌情報ナビ

札幌市厚別区の新札幌エリアとその周辺の地域情報・話題をお届けします。

02グルメ・飲食 99厚別区以外

これぞ札幌ラーメン!正統派を貫く「ラーメン白熊」はシンプルで旨い【札幌市白石区】

投稿日:2018年7月30日 更新日:


ラーメン白熊(しろくま)/札幌市白石区流通センター

これといった特徴は無いのですが、根強いファンが多い「ラーメン白熊」

100年にも満たないラーメンの歴史ですが、今や「日本料理」として世界へ紹介され、世界中の食いしん坊たちの心をつかんでいます。

そして、どんどん進化し続けるラーメン界は、様々な種類のラーメンを生み出し、もはや何がスタンダードであるかもわからなくなってしまっています。

そんな中、「正統派札幌味噌ラーメン」というスタイルがあるとするならば、ここ「ラーメン白熊」がそれに近いでしょうか。

スポンサーリンク


ラーメンの歴史は大正11年札幌からはじまった

札幌市にある北海道大学の正門前で1922年(大正11年)に開業した「竹家食堂」で中国人の料理人が作った肉絲麺(ロースーミェン)。

美味しそうに頬張る中国人を見ては、日本人たちも「アレが食べたい」と注文しました。でも「肉絲麺」は日本人には発音しづらく「チャンコロそばをくれ!」と言うのでした。

北大に通う中国人留学生のお客が多かったことから、「チャンコロ」という中国人に対する差別的な表現に、お店の奥さんは、心痛めていました。

そこで何か良いネーミングは無いだろうかと考えていたところ、中国人料理人が厨房で話す言葉の中に、「・・・ラー!」と威勢よく発音する部分が印象的で、そこからヒントを得て「ラーメン」という名前を思いついたのだとか。

料理形態として日本のラーメンの元祖かどうかは見解が分かれるらしいですが、「ラーメン」という名称の起源はここにあります。日本におけるラーメンの歴史は、にここから始まったのです。

ラーメン白熊(しろくま)/札幌市白石区流通センター

味噌ラーメンの発祥は、「味の三平」

札幌の味噌ラーメンは、札幌市内の「味の三平」の店主であった大宮守人氏によって1955年に考案されたとされています。

1963年に店のメニューに正式に「味噌ラーメン」が載ることとなり、その後「どさん子ラーメン」が全国にフランチャイズ展開。一気に札幌といえば「味噌ラーメン」が有名になっていきます。

スポンサーリンク


「白熊」食レポ~はじめに食券をご購入ください。

さて、話題を「ラーメン白熊」にもどしましょう。店舗に入ると左側に券売機がありますので、まずはここで食券をお買い求めください。

ラーメン白熊(しろくま)/札幌市白石区流通センター

メニューに「チャーハン」がありますが、残念ながら、混雑するお昼時は提供しておらず、14時になるまで券売機には「×」が表示されています。

ラーメン白熊(しろくま)/札幌市白石区流通センター

麺の固さや、ネギ抜きなどは、食券を店員さんに渡すときに申し出てください。

シンプルが美味しい

ラーメン白熊(しろくま)/札幌市白石区流通センター

筆者は、味噌ラーメン750円にしました。ナルトやホウレン草が乗っていませんが、このシンプルな姿に味の自信がうかがえます。

お店のフロア係の女性たちは、とてもキビキビと親切なオペレーションで、客が食券を購入すると、すぐに席に案内してくれ、食券を回収してくれます。

ラーメン白熊(しろくま)/札幌市白石区流通センター

一見すると野菜が少ないようにも見えますが、スープから救出すると、結構なボリュームのモヤシが登場します。

工業団地「流通センター」内にあるため、トラックの運ちゃんや営業マンのご常連さんが多いようで、いつも賑わっています。

このシンプルな美味しさをいつまでも守ってほしいと切に願います。

安くて旨い餃子と一緒に

ラーメン白熊(しろくま)/札幌市白石区流通センター

餃子は、6個で300円。皮が厚めでしっかりしたつくり。

ラーメン白熊(しろくま)/札幌市白石区流通センター

具は練りすぎずひき肉と野菜の食感が家庭で食べる餃子に近いです。これはありがたい。美味です。

スポンサーリンク


「ラーメン白熊」メニュー一覧

ラーメン白熊(しろくま)/札幌市白石区流通センター

味噌ラーメン 750円
正油ラーメン 700円
塩ラーメン 700円

味噌豚角煮ラーメン 950円
正油豚角煮ラーメン 900円
塩豚角煮ラーメン 900円

味噌チャーシューメン 950円
正油チャーシューメン 900円
塩チャーシューメン 900円

味噌キムチラーメン 850円
正油キムチラーメン 800円
塩キムチラーメン 800円

味噌ネギラーメン 850円
正油ネギラーメン 800円
塩ネギラーメン 800円

味噌メンマラーメン 850円
正油メンマラーメン 800円
塩メンマラーメン 800円

お子様ラーメン(味噌) 600円
お子様ラーメン(正油) 550円
お子様ラーメン(塩) 550円

ピリ辛味噌ラーメン 800円
ザルラーメン 750円
冷やしラーメン 750円

ラーメン大盛 +100円

【トッピング】
豚角煮 200円
チャーシュー 200円
キムチ 100円
ネギ 100円
メンマ 100円
生卵 50円
煮卵 50円

【ご飯もの】
小ライス 100円
ライス 150円
ライス大 200
豚角煮丼 400円

ラーメン大盛 +100円
焼きめし 400円※14時以降限定

【その他】
ギョーザ(6ケ) 300円
スープ 100円

ラーメン白熊(しろくま)/札幌市白石区流通センター

住所・営業時間・マップなど

■ラーメン白熊
住所 北海道札幌市白石区流通センター5-1-30
電話 011-861-5604
営業時間 10:30~21:00
定休日 無休
座席 32席(カウンター席あり)
駐車場 30台(大型車可)

アクセスマップ・地図

スポンサーリンク



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

-02グルメ・飲食, 99厚別区以外
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「ステーキ宮 厚別店」が2020年1月20日で閉店_全国的な大量閉店のあおり【札幌市厚別区】

2019年1月撮影 「ステーキ宮厚別店」が2020年1月20日をもって閉店します。 スポンサーリンク     ステーキとハンバーグの全国チェーンとして、外食産業の「コロワイド」(横 …

サンピアザに「チキンペッカーデリ」2017年10月24日オープン!【新札幌グルメ】

新札幌の有名店「チキンペッカー」の公式サイトにて、9月23日付けで嬉しいニュースが発表されました。 この嬉しいニュースとは、チキンペッカーのテイクアウト専門店「チキンペッカーデリ」が10月24日(火) …

【新規開店】「なかす新札幌店」今流行の綿飴しゃぶしゃぶとは?ガード下に2019年11月【札幌市厚別区】

画像出典/なかす新札幌店公式サイト 2019年11月20日、厚別区厚別中央の鉄道高架下に「綿飴しゃぶしゃぶと肉とチーズ なかす 新札幌店」がオープンしました。 スポンサーリンク   「なかす …

【新規開店】「おそうざいのお店 くじらや」2017年7月4日オープン厚別西の住宅街【札幌市厚別区】

厚別西の住宅街の中に「おそうざいのお店 くじらや」を訪問しました。2017年7月4日にオープンしたばかりの小さなお惣菜屋さんです。まんまる新聞に広告が掲載されていましたので、気になっている方も多いので …

【驚愕】ウニ丼が390円!390酒場~北海道丸かじり大衆酒場~新さっぽろ店(2018.07.16open)【札幌市厚別区】

すっかり過去の情報となってしまいましたが、「 390酒場~北海道丸かじり大衆酒場~新さっぽろ店」が、厚別区厚別中央2条5丁目3-36 アパマンショップ2Fに、2018年7月16日にオープンしていました …

スポンサーリンク




スポンサーリンク 楽天市場