この記事の筆者・著者/新札幌情報ハンター

05交通機関・公共施設・病院・学校など 08開発・建設・工事・不動産

新さっぽろ脳神経外科の移転新築2020年3月着工_大成建設が施工【札幌市厚別区】


新さっぽろ駅周辺地区再開発計画において、千歳線と原始林通りの間の「I街区」に建設される医療施設のうち、上野幌から移転する「新さっぽろ脳神経外科」の建設計画の概要が明らかになりました。

スポンサーリンク


 

6階建て、2022年5月末の完成目指す

2020年1月10日付け北海道建設新聞では、「新さっぽろ脳神経外科」の移転改築する新病院の建設計画を報じています。

この報道によると、新病院は6階建てで、延べ12,457平方メートル。病床は135床。診療科目は現在と変わらず、脳神経外科、神経内科、リハビリテーション科、麻酔科を設ける見通し。

これまでの報道では、「新さっぽろ脳神経外科」は、「A棟(5階、 11,300平方メートル)とされていましたので、若干規模を大きくした形となります。

「新さっぽろ脳神経外科」では、新病院の設計・施工を大成建設に依頼したとのこと。

着工は、2020年3月で、2022年5月末の完成を目指しているとのことです。

新さっぽろ駅周辺地区再開発計画「I街区」に医療施設集積

画像出典/厚別区公式サイト_ふれあい広場あつべつ・科学館公園の再整備について ※ふれあい広場あつべつ・科学館公園の再整備計画(案)概要版7ページより

ちなみに「I街区」には、医療施設としては「新さっぽろ脳神経外科」のほか、「新札幌整形外科病院」、「記念塔病院」のほか、クリニック等が入る医療複合ビルを大和ハウス工業が建設する計画となっています。

また、「I街区」では、医療施設のほか、高層マンション、ホテル、商業施設、アクティブガーデンの整備が計画されています。

【関連記事】
新さっぽろ駅周辺再開発計画の施設規模の概要が明らかになりました【札幌市厚別区】/2018年7月30日

新札幌再開発後の完成予想図(イメージパース)カラー版_公園整備計画案より【札幌市厚別区】/2018年2月8日

スポンサーリンク



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

-05交通機関・公共施設・病院・学校など, 08開発・建設・工事・不動産
-

© 2021 新札幌情報ハンター Powered by AFFINGER5