この記事の筆者・著者/新札幌情報ハンター

02グルメ・飲食

大和軒の辛味噌ラーメンにチャーシュー丼!これで猛暑を乗り越えた【札幌市厚別区】


12号線沿い_国道274号との交差点付近「家具の丸越」の斜め向かい

暑い日には辛いものを食べたくなるものです。厚別中央の国道12号沿いにある「大和軒」で、「辛味噌ラーメン」(750円)とチャーシュー丼(300円)をいただいてきました。

場所は、国道12号と国道274号の交差点付近で、「家具の丸越」の斜め向かいです。駐車スペースは3台分。各日に訪問したい方は混雑時を避けることをオススメします。

スポンサーリンク


 

熱い日のランチは辛いラーメン!しび辛が効果的

2019年5月の最終土日は猛暑でしたね。そう書き出したものの、再び北海道らしい涼しい気候になってきました。

次に来る暑い日に備えて、「大和軒」の辛味噌ラーメンのリポートをお読みください。

さっそくですが、これが辛味噌ラーメンの外観です。いかにも辛そうです。

スープはコクがあってまろやか。油分もソコソコ入っていますね。

チャーシューもしっかり大きなサイズ。

モヤシとネギもたっぷり乗っています。

「大和軒」では、味噌、塩、醤油の各ラーメンが590円と非常にリーズナブルなのと比較して、「辛味噌ラーメン」は、750円と、一般的な価格設定のように思えます。
これは、辛味成分の分だけでなくて、ボリュームのある具の分なのでしょう。

ワカメでビタミンを補います。このほか、メンマも乗っています。

麺は小林製麺でしょうか。プリプリながら小麦のシコシコ感があって辛味噌とよく合います。

辛味噌にはチャーシュー丼が相性抜群

ところで、この辛味噌ラーメンにピッタリなのが、「チャーシュー丼」(300円)です。ミニサイズですので、怖がらずに注文してください。

チャーシューって、辛味噌との相性抜群なんですね。チャーシュー丼を口に含んでからスープと合体させると、えも言われぬ幸福感につつまれます。

北海道が再び暑い日を迎えたら、ぜひ「大和軒」の「辛味噌ラーメン」と「チャーシュー丼」を思い出してください。

筆者は、5月25日(土)にこれを食べて、26日、27日と続いた猛暑をなんなく乗り越えましたよ。

ご馳走様でした~。

【関連記事】

「大和軒」の醤油ラーメン590円とは思えないクオリティに驚愕!豚丼も圧巻の味【札幌市厚別区】(2018年11月21日)

「大和軒」は、ラーメン+餃子+ライスで790円!この価格でハイクオリティ【札幌市厚別区】(2018年8月12日)

味とコスパの高さで評判の「大和軒」には、デラックス仕様のラーメンもある【札幌市厚別区】(2018年6月5日)

人に教えたくなる豚骨塩ラーメン「大和軒」はコスパも最高【札 幌市厚別区】(2018年1月3日)

住所・営業時間・マップなど

■大和軒
札幌市厚別区厚別中央2条1丁目4-21
電話  011-896-5838
営業時間 [月~金]11:00~15:30
[土日祝]11:00~20:30
座席 15席(カウンター席なし)
駐車場 店舗前3台

アクセスマップ・地図

スポンサーリンク



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

-02グルメ・飲食
-,

© 2021 新札幌情報ハンター Powered by AFFINGER5