02グルメ・飲食

昭和の札幌味噌ラーメンの王道を味わいたいなら「ラーメン白熊」【札幌市白石区】


札幌市厚別区に隣接している白石区の端っこの「流通センター」内にあるラーメン屋「ラーメン白熊」にやってまいりました。




競争の激しい昨今のラーメン業界において、取り立ててハイレベルな印象の無い「白熊」ですが、昭和の札幌ラーメンが味わえるお店として根強い人気があります。

昔風の食堂ラーメンではなく、ラードやニンニクの香りが高い脂身もしっかりの札幌ラーメンです。

引き戸を開けると、まずは券売機で食券を購入します。スタンダードな味噌・醤油・塩が上段にあり、その下に、味噌・醤油・塩味ごとのラインナップが並んでいます。

筆者は、味噌角煮ラーメン950円を注文。とっくに中年な私はあっさり系が好みなのですが、ここ「白熊」のウリは、なんといっても、豚の角煮、それも味噌ラーメンで食べるのが定番ですね。

食券を購入したら案内された席に着く際に店員さんに食券を渡します。スムーズなオペレーションにいつも感心します。

ここのラーメンは麺が多めなので、角煮があると、最後まで飽きずに食べられます。画像ではわかりづらいですが、もやしやメンマの量も十分です。

最近は、アレやコレや混じりっけの多い手の込んだラーメンが多いですが、シンプルな札幌ラーメンを食べたくなったときには、この「ラーメン白熊」をお勧めします。

■ラーメン白熊 (しろくま)
住所 札幌市白石区流通センター5-1-30
電話 011-861-5604
営業時間 10:30~21:00
定休日 無休
座席 32席
駐車場 30台
食べログ評価/3.25

アクセスマップ・地図

スポンサーリンク



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

-02グルメ・飲食

© 2020 新札幌情報ナビ Powered by AFFINGER5