新札幌情報ナビ

札幌市厚別区の新札幌エリアとその周辺の地域情報・話題をお届けします。

02グルメ・飲食

厚別南の老舗居酒屋「花ぶさ」は、寿司が旨くてメニューが豊富、地元に愛される名店【札幌市厚別区】

投稿日:2018年1月31日 更新日:

筆者が20年ほど前からたびたび利用させていただいている老舗居酒屋の「花ぶさ」を3年ぶりに訪問しました。

「花ぶさ」の歴史など

居酒屋「花ぶさ」は、昭和50年代に現在の店主のお母様が厚別南2丁目の現在地で営業を始めたのがはじまり。隣には親戚が経営する「松寿司」がありました。

一時期、大谷地東にも「花ぶさ」という居酒屋がありましたが、厚別南にある当店が本家とのこと。

2010年9月28日に大規模な改装(改築?)をして、「松寿司」と合併する形でリニューアルオープンし、現在に至っています。


リニューアル前はカウンター席中心で2階には宴会可能な和室がありましたが、どちらかというと家庭的な雰囲気でした。

リニューアル後は、客席と厨房は別々に設けられましたが、カウンター席と掘りごたつ席を用途に応じて使い分けられるなど、より広い客層に対応できるようになりました。

玄関を入ると、大規模店のように下駄箱とレジカウンターがあります。

店内は、寿司ネタが並ぶケースを前にしたカウンター席のある空間に、掘りごたつ席がいくつかあり、さらに壁の向こうに半個室の掘りごたつ席がたくさんあります。

今回は、カウンター席におじゃまして、店主夫婦からお店の歴史などをうかがうことができました。

「花ぶさ」のメニュー

「花ぶさ」の料理は、とにかくメニューが豊富で上質です。中でもお寿司が充実しており、寿司専門店として利用しても差し支えないほどです。

お寿司

常時20種類以上のネタがあります。握りは、真イカ・タコ・とびっこが100円、たまご・サーモン・甘えび・やりいかが160円、ホタテ・イクラが200円、赤身・ひらめ・しめさば・ほっきが220円、つぶ・アナゴ・かにが300円、あわび・中ごろ・ぼたんエビが420円、うに・とろが520円。

ちらし寿司、巻物、丼もの、握りのセットなど華やかなメニューに目移りします。


ご飯もの

おにぎり・焼きおにぎり・味噌汁・お茶漬けは、もちろんですが、嬉しいのは、鶏そば780円、ざるそば600円、稲庭うどん(冷600円、温780円)などの麺類。飲んだ後のシメも、移動せずに「花ぶさ」でOKですね。

創作料理・刺身・おつまみ

うに入り茶わん蒸し780円、海老新丈レンコン揚580円、納豆オムレツ680円など、どれもが魅力的ですが、筆者のオススメは「なす味噌」480円。一般に味噌田楽といわれているものです。チーズ入りいも餅460円も北海道らしくて良いですね。

お刺身は、お寿司同様に「花ぶさ」のウリの1つ。大型店にも負けない品数があります。居酒屋チェーン店と比較すると少々お値段が高いかもしれませんが、そこは食べていただければ納得するはずです。

おつまみ・珍味では、筆者はいつも「漬物盛合わせ」480円と「山わさび寄せ豆腐」480円が定番だったのですが、今回は「酒盗チーズ」460円を注文してみました。これは日本酒に合います。

サラダ・デザート

5種類のサラダはボリュームたっぷり、2名以上で分けあうと良いでしょう。アイスクリームと杏仁豆腐はお子様にも喜ばれそうですね。



 

焼き鳥・創作焼鳥

1本につき180円~380円まであり、特につくねは絶品です。そのほか、もちチーズベーコンやトマト肉巻きなど個性的な創作焼鳥もなかなかの完成度。

焼き魚・野菜その他

焼き魚は、開きホッケや銀だら西京漬焼きなどの定番メニューのほか、「本日のおすすめ」メニューの中から旬の魚をいただくことができます。

「本日のおすすめ」メニューの中には、訪問時には、にしん半身焼600円、季節限定のたちぽん900円や海鮮キムチ鍋1400円、自家製にしん漬500円などのほか、たくさんの品が掲載されていました。

今回いただいた「たちぽん」。鮮度も品質もばっちりでお味も絶妙。とても幸せな気分になりました。

飲み物・ドリンク

飲み物のメニューもまるで大型店顔負けの品ぞろえ。ビールはアサヒスーパードライのレギュラージョッキが460円。日本酒は、「まんさくの花」、「八海山」、「国稀」などおなじみのものから「北斗随想」、「刈穂」など10種類以上、焼酎は、超メジャーどころを微妙に外して「とんぼの昼寝」、「海童祝の赤」など15種類。酎ハイ、カクテル、ウイスキー、ワイン、ソフトドリンクと超充実です。

今回、筆者は、熱燗2合のあと、焼酎お湯割り2杯、珈琲焼酎2杯をいただきました。

ランチやってます

祝日を除く火曜日~金曜日には、ランチ営業しています。「寿司弁当」1200円、「天ぷら定食」1400円と高め設定ですが、内容も高級志向。一方、「ザンギ定食」600円、「天丼セット」800円などリーズナブルなメニューも選択できます。

近年は、新札幌駅周辺に次々と新規店舗がオープンするなど、大衆酒場事情は充実してきていますが、今一度、昔から地元に愛されている老舗店にも目を向けてみたいところです。

 

住所・営業時間など

■花ぶさ
住所 札幌市厚別区厚別南2丁目11-2
電話 011-892-4507
営業時間
ランチ:火~金 ※祝日は除く/11:30~14:00(Lo.13:30)
居酒屋:火~木/17:00~23:00(Lo.22:00)、金・土・祝日前/17:00~24:00(Lo.23:00)、日・祝日/12:00~22:00(Lo.21:00)
定休日 月曜日
座席 72席(カウンター席あり)
駐車場 有

公式Facebook

アクセスマップ・地図

スポンサーリンク



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

-02グルメ・飲食

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

新さっぽろ朝食事情~JR新札幌駅近くで朝ごはんを食べるには_早朝営業の店【札幌市厚別区】

この記事では、札幌市厚別区の新札幌エリアで朝ごはん(朝食)を食べることのできる飲食店情報をまとめています。 ホテルエミシア札幌や新さっぽろアークシティホテルなどに“素泊まり”している方、早朝にJR新札 …

南郷18丁目駅近くの「味源」で昔風しょうゆらーめんと半チャーハン。深夜営業が便利【札幌市白石区】

札幌市厚別区と隣接している白石区方面へラーメン遠征してまいりました。今回訪れたのは、既に老舗の雰囲気を醸している「味源 本店」。 This restaurant is the speciality s …

【新規開店】遠藤水産JR新札幌店が2019年11月1日オープン!メニューなど詳細情報【札幌市厚別区】

新札幌駅高架下に居酒屋「遠藤水産 JR新札幌店」が2019年11月1日(金)にオープンします。 スポンサーリンク     Table of Contents 「遠藤水産」の出店場所 …

スーラータン麺

酸っぱ辛くてクセになる「スーラータン麺(サンラータン麺・酸辣湯麺)」を「まかない厨房 双葉」で【札幌市厚別区】

札幌市厚別区上野幌の住宅街にある「まかない厨房 双葉」で「スーラータン麺」をいただいてきました。 あまり聞きなれない「スーラータン麺」とは?筆者は結構ハマりそうです。 スポンサーリンク Table o …

【閉店】キネドール大麻店_2019年10月14日あのコラーゲンスープはもう飲めない【江別市】

国道12号沿い江別市文京台東町にあったラーメン店「キネドール大麻店」が、2019年10月14日に閉店していたことが分かりました。 スポンサーリンク   Table of Contents 1 …

スポンサーリンク




スポンサーリンク 楽天市場