02グルメ・飲食

上野幌の「まかない厨房 双葉」で麻婆麺(マーボー麺)をいただく【札幌市厚別区】


ラーメン系のバリエーションが豊富な厚別区上野幌の「まかない厨房 双葉」にやってまいりました。
今回いただいたのは「麻婆麺(マーボー麺)」。熱々の具と適度な辛さが寒い日の体を温めてくれます。

スポンサーリンク


 

厚別区上野幌の住宅街に

厚別区上野幌の住宅街にある中華系の大衆食堂「まかない厨房 双葉」。とても良いお店なのに、分かりづらい場所にあるためか、ネット上のクチコミ情報は多くないのです。

なので、当ブログで何度も食レポして皆さんに知ってもらおうと考え、今回で5回目のリポートとなります。

しかし、「まかない厨房 双葉」でネット検索すると、上位表示されるのは「食べログ」「ホットペッパーグルメ」「Retty」「ヒトサラ」「エキテン」・・・ま、検索エンジンは、そんなものですね。」

ちゃんと皆さんに伝わっているのかなかあ・・・と思いつつ、開店の11時30分を待ちます。いや、正確にはほんのちょっとだけフライングして11時29分に引き戸を開けたのです。

するとどうでしょう。ほぼ満席!え?みんなフライングしてんの?律儀に開店時間を守った自分が危うく座れなくなるところでした。

まさか当ブログの成果ではないのは分かっていますが、とても嬉しい気分。

 

麻婆麺(マーボー麺)の食レポ

メニュー表を見るまでもなく、本日のお目当て「麻婆麺」(税込850円)を注文しました。

真っ赤っ赤の外観。辛そうですが闘志が燃えてきます。まるで真っ赤なヌを目指して突進する闘牛のようです。

意外にも脂っこくないスープ。麻婆麺たる味付けは、具だけではなく、スープそのものが活躍しています。辛さは、むせるほどではないにしろ、結構な強さ。時々お水をいただきます。

具は、豆腐とひき肉に溶き卵を加えたもの。そしてネギが乗っています。

細めで低加水の麺は、少し固めに茹でられていて、具のとろみと強靭なタッグを組んでいます。

ライスを合わせなくても、十分にお腹いっぱいになるくらいのボリュームがあります。

残りの具は、穴あきレンゲで最後までいただきます。麺がなくてもスープ料理として成立しそうな極上の麻婆麺でありました。

「まかない厨房 双葉」の料理は、食べた後に喉が渇きません。そして、胃もたれしないので、ちゃんと夕方にはお腹が空いてきます。

おそらく化学調味料やラードの使用を極力最小限に押さえているのでしょう。

そんな「まかな厨房 双葉」がいつまでも繁盛して、私たちに健康的で美味しい料理を提供していただけますよう、今回も記事にさせていただきました。

ごちそうさまでした~。

【関連記事】
2018年11月6日「ダールー麺」とは具だくさんあんかけラーメン_「まかない厨房双葉」【札幌市厚別区】

2018年9月30日酸っぱ辛くてクセになる「スーラータン麺(サンラータン麺・酸辣湯麺)」を「まかない厨房 双葉」で【札幌市厚別区】

2018年5月4日「まかない厨房 双葉」の味噌ラーメンは、固めの中細麺があっさりスープにベストマッチ【札幌市厚別区】

2017年11月20日「まかない厨房 双葉」メニュー一覧_上野幌の住宅街にある人気店【札幌市厚別区】

住所・営業時間など

■まかない厨房 双葉
住所 北海道札幌市上野幌2条3丁目6-11
電話 011-892-1325
営業時間 11:30~14:30、17:00~20:00
定休日 月曜日(祝日の場合は翌日)
座席 22席(カウンター席あり)
※駐車場は縦列で2台分しかありませんので、各自確保する必要があります。

アクセスマップ・地図

スポンサーリンク



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

-02グルメ・飲食
-,

© 2020 新札幌情報ナビ Powered by AFFINGER5