02グルメ・飲食

酸っぱ辛くてクセになる「スーラータン麺(サンラータン麺・酸辣湯麺)」を「まかない厨房 双葉」で【札幌市厚別区】


札幌市厚別区上野幌の住宅街にある「まかない厨房 双葉」で「スーラータン麺」をいただいてきました。

あまり聞きなれない「スーラータン麺」とは?筆者は結構ハマりそうです。

スポンサーリンク


スーラータン麺とは?

まずは、「スーラータン麺(スーラータンメン・酸辣湯麺)」って何?ってことなのですが、中国の四川料理のスープの1つ酸辣湯(サンラータン・スーラータン)をベースに麺を加えたもので、麺を入れるのは日本アレンジなのだそうです。

酸辣湯(サンラータン[1][2]、スーラータン[3][4])は、中華料理(四川料理・湖南料理)のスープのひとつ。酢の酸味と唐辛子や胡椒の辛味と香味を利かせた、酸味豊かな辛みのあるスープで年間を通して食べられる料理。

鶏肉、豆腐、シイタケ、キクラゲ、タケノコ、長ネギ、トマトなどの具材を使ったスープを、食塩、醤油、生姜汁で調味し、たっぷりの酢と唐辛子あるいは胡椒を加える(唐辛子の代わりにラー油を使う場合もある)。片栗粉でとろみをつけた後、溶き卵を流し込んで仕上げる。

日本では茹でた麺を加えて(酸辣湯麺として)食べることもある。
Wikipedia「酸辣湯」

癖になる酸っぱ辛い味のスープ

サンラータン麺

登場した「スーラータン麺」は、真っ赤っか!この赤さはスープの表面に浮いたラー油と思われます。

初期状態ではこのように、浮いているラー油の色が強烈なので、とても辛い印象があります。

スープと混ぜるとこのとおり、程よい色合いではないでしょうか。

ま、そこそこ辛いですけど。

酢はかなりの量が使われているものと思われ、はっきりと「酸っぱい」といえるレベルです。これはクセになります。美味しいです。

 

具だくさんでヘルシー

酸辣湯めん

とろみのあるスープに溶き卵がからみ熱々です。野菜がたくさん入っていて食べごたえがあります。酸味が食欲をそそり、野菜との相性は抜群。

酸辣湯麺

なるほど「酸辣湯」というスープ料理がベースだけに、麺が無くても料理として成立しているのですね。

好評につきオールシーズンで提供

「まかない厨房 双葉」では、当初、冬季限定としていたのですが、好評につき、オールシーズンで提供することになったのだとか。

たしかに、とろみのあるスープが最後まで熱々の状態を保ち、辛さがさらに体を温めてくれます。寒い冬にはもってこいですね。いただいたのは、気温が高い日でしたので、汗をかきかきいただきました。

ちなみに麺は、わりと細めです。麺が主張しすぎないように絶妙の相性。

ラーメン専門店ではあまりお目にかかれない「スーラータン麺」、中華料理のお店には、わりと置いてあることが多いといいますから、ちょっと注目してみたいところです。

「酸辣湯麺」、「サンラータン麺」とか「スーラータンめん」などいろいろな表記がありますので、見逃さないようにしましょう。

【関連記事】

shinsapporo.lomo.jp

shinsapporo.lomo.jp

「まかない厨房双葉」の住所・営業時間など

■まかない厨房 双葉
住所 北海道札幌市上野幌2条3丁目6-11
電話 011-892-1325
営業時間 11:30~14:30、17:00~20:00
定休日 月曜日(祝日の場合は翌日)
座席 22席(カウンター席あり)

アクセスマップ・地図

スポンサーリンク



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

-02グルメ・飲食
-, , , , , , , , , ,

© 2020 新札幌情報ナビ Powered by AFFINGER5