この記事の筆者・著者/新札幌情報ハンター

02グルメ・飲食

【閉店】新札幌カテプリB1Fのスイーツ店「kitta」が2018年1月10日惜しまれながら撤退【札幌市厚別区】



画像出典カテプリ公式サイト

2016年12月にリニューアルオープンした新札幌のカテプリの地下1階「プチリカDELIに「札幌シーフーズ株式会社」が開店させたスイーツショップ「kitta」が、早くも撤退しました。閉店日は、2018年1月10日。オープンからわずか1年余りのことでした。



水産仲卸会社が“北海道らしいスイーツを”とオリジナリティの高い商品開発をしていただけに、とても惜しいですね。

2017年3月18日付の「Yahooライフマガジン」に「北海道の素材とアイデアで勝負! 水産会社直営スイーツ店が話題」と題して記事が掲載されていますのでご紹介します。

「Kitta」(キッタ)と名付けられたこの店は、その母体が「札幌シーフーズ株式会社」。なんと、創業から28年目を迎えた水産仲卸会社だという。

「水産会社は商品を仕入れて売る仕事ですが、社員の間で何かオリジナル商品を作りたい、という機運が高まったのが始まりでした」と店長の木下この実さんは説明する。

初の商品は、イチゴ味のタピオカでイクラを再現した「いくら丼ぷりん」。冷凍のお土産用スイーツとして販売を始めた。

引用Yahooライフマガジン

その後、商品開発の幅を広げ、「kitta」のオープンに至ったといいます。

そして、新篠津村の酒を使った「どぶろくプリン」、甘エビの頭の粉末が入った「甘蛯(えび)クッキー」など、手土産にすると話題が膨らみそうな商品をはじめ、2種類のサツマイモを使用したスイートポテト、道産素材の味わいを生かしたチーズケーキやフルーツいっぱいのタルトなどラインナップを増やしていきました。

「yahooライフマガジン」に掲載された記事からは若いスタッフさんたちに意気込みが感じられた。

画像等の出典Yahooライフマガジン

さて、運営がイオンモール北海道となり、集客力の高いショッピングモールとして生まれ変わったカテプリですが、一方で個店に対しては高度な経営能力が求められています。

今回の閉店・撤退の背景にどのような事情があったのか、明らかにされていませんが、新札幌に、このような気概の高い個性的なお店があったということを、記憶にとどめておきたいものです。

スポンサーリンク



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

-02グルメ・飲食

© 2021 新札幌情報ハンター Powered by AFFINGER5