新札幌情報ナビ

札幌市厚別区の新札幌エリアとその周辺の地域情報・話題をお届けします。

08開発・建設・工事・不動産

新札幌の開発後の姿が明らかに_広報さっぽろ5月号で計画概要が公表【札幌市厚別区】

投稿日:2017年5月16日 更新日:

市営住宅が解体され更地となっている新札幌駅周辺エリア。開発事業者が決まり、テレビや新聞などで計画案が公表されていますが、あらためて広報さっぽろ5月号(厚別区版)に、この概要が掲載されました。




画像出典:広報さっぽろ2017年5月号(厚別区版)


画像出典:広報さっぽろ2017年5月号(厚別区版)

青少年科学館裏手のG街区

札幌市青少年科学館裏手の「G街区」には、教育・産学連携機能を集約。文学系・看護系の大学施設などを誘致する計画。平成33年4月の開業を目指します。

ホクノー新札幌ビル裏手のI街区

ホクノー新札幌ビル裏手の「I街区」には、商業・宿泊・住居・医療機能を集積。商業施設を含む高層マンションやホテル、医療施設などを建設する計画です。こちらは、平成34年4月の開業を目指すとのこと。

また、新札幌駅などの中心的施設とは、道路を渡る空中歩廊を整備し行き来しやすくなります。

G街区の大学施設内には図書館や多目的ホールなどの施設整備が想定され、その場合、地域住民にも開放されるだろうとのことです。

スポンサーリンク



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

-08開発・建設・工事・不動産

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

老朽ビルの解体が進む厚別駅エリア_新札幌再開発の狭間で需要を探る旧旭町【札幌市厚別区】

かつて「旭町」と呼ばれ厚別の中心地だったエリアで住宅やビルの建て替えが盛んにおこなわれています。 中でも、かつて飲食店などが入居し、賑わいを作り出していた貸しビルの解体後の行方は、新札幌駅周辺の再開発 …

新札幌の高架橋で耐震補強工事がはじまっています【札幌市厚別区】

新札幌駅に接続する鉄道高架の耐震補強工事が2017年11月からはじまっています。 これは、あくまでも大規模な地震を想定しているもので、これまで千歳線の鉄道高架で頻発していたコンクリート片の落下とは直接 …

新札幌に建設される札幌学院大学の新キャンパスは市民利用可の「開放型」【札幌市厚別区】

大学や専門学校の建設が予定されている「G街区」 2019年春から着工される新札幌駅周辺の再開発では、札幌市青少年科学館横の「G街区」に、札幌学院大学(江別市)、産業技術学園(恵庭市)の新キャンパスの建 …

新札幌にホテル・高層マンション・商業施設先端医療施設等の建設計画_旧市営住宅跡地I街区の再開発【札幌市厚別区】

新札幌駅周辺の旧市営住宅跡地の再開発については、大和ハウス工業を中心とする事業者グループが手掛ける予定となったことは、既に当ブログでも紹介させていただきました。 広報さっぽろの厚別区版でも、パース(完 …

新さっぽろ脳神経外科の移転新築2020年3月着工_大成建設が施工【札幌市厚別区】

新さっぽろ駅周辺地区再開発計画において、千歳線と原始林通りの間の「I街区」に建設される医療施設のうち、上野幌から移転する「新さっぽろ脳神経外科」の建設計画の概要が明らかになりました。 スポンサーリンク …

スポンサーリンク




スポンサーリンク 楽天市場