この記事の筆者・著者/新札幌情報ハンター

02グルメ・飲食

中華そば札幌煮干しセンターであっさりスープの「煮干しそば」お好みで背脂プラス【札幌市厚別区】


札幌煮干しセンター

「中華そば 札幌煮干センター 」約1年ぶりの訪問です。
メニュー構成に変わりないか、新しい話題がないか、とチェックがてら食べに来ているというわけであります。

スポンサーリンク


 

<予習>メニューと券売機の配列を確認

この日は、午前11時半の開店時間に並んで入店。まずは難関の券売機でありますが、予習してきてありますので、迷わずに「煮干しそば」並盛750円の食券を購入します。

クリックで拡大できます。

これが現在の券売機の様子です。お出掛けの際には、予習しておくと券売機の前で迷うことがありません。

席に付き、食券を店員さんに渡す際に細麺にするか太麺にするかを伝えます。筆者は細麺を選択。

昨年から今年までの間に、10円~50円程度の値上がりがあったようです。他のラーメン店でも材料費の値上がりを受けて、価格改定したところもチラホラみかけました。

基本メニューは「煮干しそば」

「煮干しそば」登場です。ここの煮干しスープは、煮干しのカスやら何やらが遠慮なく入っているので、スープは濁っています。

人によっては「エグイ」という感想を持つ場合もあるようですが、それも含めてこのお店の特徴となっています。

スープは見た目ほどコッテリではなく、脂っこくもなく、食べた後も胃もたれしません。

 

2年前よりアッサリスープになったのか?

食べるときの体調にもよりますが、筆者が2年前に食べた際には、脂っこいな~と感じたことを覚えています。

思い起こせば、このお店を初めて訪れたのは、2016年、また「竹本商店札幌煮干しセンター」という店名だった頃です。

筆者の年齢もとっくに中年に差し掛かり、脂っこいものが胃もたれするようになって、ラーメンもあっさり系を好むようになっていました。

そんな時「煮干しダシのラーメンなら、きっとアッサリ味に違いない」と、この店を訪れたのでした。

しかし、この時の印象は、「脂っこい」でした。注文したのは、もっともスタンダードな「煮干しそば」。

お年寄りが多いもみじ台地区で、この脂っこさは受け入れられるのか?なんて思ったものですが、実は、遠くからも多くのファンが訪れる人気店なのでした。

それから2年、あらためて食べてみると、意外にもアッサリ。これならお年寄りも食べられます。

若い人は、「背脂」が入ったメニューがありますから、そちらを選択すると良いでしょう。

子供用の椅子も用意されていますので、家族連れでも安心。

若い人も、お年寄りも、家族連れも、誰もが好みに合わせて美味しいラーメンをいただくことができます。

 

とろけるチャーシュー、シャキシャキのネギ

具は、チャーシュー、ネギ、メンマ、板海苔が乗っています。

ネギはみずみずしくシャキシャキしています。量もたっぷりで野菜ラーメン感覚で食べることができます。

しっかり味のメンマ、風味の良い板海苔。そして、チャーシューは箸で持ち上げるとホロホロと崩れ落ちます。

これをどうやって崩さずにラーメンに乗せたのかが不思議なくらい。「ふ」が乗っているのもうれしいですね。

食べログを見ると、投稿に対して、丁寧に返事をしていたり、ツイッターでは、お得な情報や、お店の営業風景など、情報発信やコミュニケーションにも積極的に取り組んでいる様子。

これからも、末永く、美味しいラーメンを提供し続けていただきたいですね。

スポンサーリンク


住所・営業時間・マップなど

■中華そば 札幌煮干センター
住所 北海道札幌市厚別区もみじ台北6-1-30
電話 011-378-4700
営業時間 11:30~15:00(Lo)、17:00~21:00(Lo)
定休日 原則無休で不定休
座席 15席(カウンターのみ)
駐車場 共用駐車場あり
公式フェイスブック
公式ツイッター

アクセスマップ・地図

スポンサーリンク



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

-02グルメ・飲食
-

© 2022 新札幌情報ハンター Powered by AFFINGER5