この記事の筆者・著者/新札幌情報ハンター

03店舗・商業施設 14風景・景観・街路など

マックスバリュ厚別店の車止めポールが「アレ」に見えて仕方がない【札幌市厚別区】

マックスバリュ厚別店にて。(注意)目玉と手は画像を加工したものです。

マックスバリュの"アレ"が、どうにも「ムーミン」に登場する「にょろにょろ」に見えて仕方ないのです(2021年9月26日 記)

スポンサーリンク

 

「にょろにょろ」がいるぞ~、確かに居るぞ~。

マックスバリュ厚別店で買い物をしようとすると、玄関で出迎えてくれるのが、たくさんの「にょろにょろ」たち。

筆者は、いつも、「にょろにょろ」に見えて仕方ないのです。特に有益な情報でなくて申し訳ありません。先日は、これに抱き着いて大喜びのお子様も見かけました。あの子もきっと、にょろにょろに見えていたのかもしれません。

一度、コレが「にょろにょろ」に見えてくると、他の場所でも「にょろにょろ」に遭遇することになります。

にょろにょろとは

「にょろにょろ」とは、フィンランドの作家トーベ・ヤンソン作の「ムーミン・シリーズ」と呼ばれる一連の小説と絵本に登場するキャラクター。

耳は聞こえず、言葉を発することもありません。手を振ったり、おじぎをしたりして、動きでコミュニケーションを取っているらしいのですが、はっきりしたことはわかりません。目はありますが、あまり見えていないようです。その目は通常は青白い色をしていますが、状況によって、赤、黄、灰色などに変化します。何かを食べたり、眠ったりすることもありません。その分、感覚はとても敏感で、地面の振動を感じると怖がって逃げていきます。
ニョロニョロは、白いつやつやした種から生まれてきます。夏まつりの前の晩に種を蒔くと、ニョロニョロたちが地面から生えてくるのです。彼らは毎年6月、はなれ島に世界中から集まってきて、大集会を行います。
その体は電気を帯びていて、特に生まれたばかりのニョロニョロや雷のときのニョロニョロはとても危険。雷の電気エネルギーを体に蓄え、たっぷりと帯電したニョロニョロはちらちらと光り、近くに寄ると触らなくてもビリビリするほどです。

引用/ムーミン公式サイト

マックスバリュ厚別店にて。(注意)目玉と手は画像を加工したものです。

このところ、マックバリュをいじり倒して楽しんでいる風に受け取られるかもしれませんが、スーパーマーケットでは、ホクノースーパーと並んで気になる話題が多いような気がしますね。ま、あの・・・暇つぶしに読んでいただければと思います。以上です。

スポンサーリンク

【関連記事】

マックスバリュ厚別店の看板が復活しました。24時間営業も継続【札幌市厚別区】/2021年9月6日

マックスバリュ厚別店から店名看板が消えた!?【札幌市厚別区】/2021年8月31日

マックスバリュのロゴがヘヴィメタル化している現象を確認!/2020年10月11日

マックスバリュ厚別店で「5品目の海鮮丼」なんと380円!コスパ最高♪【札幌市厚別区】/2021年2月9日

マックスバリュ厚別東店に生息するカメを数えるのは困難だった【札幌市厚別区】/2020年5月4日

スポンサーリンク

■マックスバリュ厚別店
住所 〒004-0022 北海道札幌市厚別区厚別南5丁目22−50

アクセスマップ・地図

スポンサーリンク




にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

-03店舗・商業施設, 14風景・景観・街路など
-, ,

© 2022 新札幌情報ハンター Powered by AFFINGER5