06歴史・地勢・史跡・仏閣

澄丘神社_1977年建立。現在は札幌テクノパークの鎮守様【札幌市厚別区】

1977年建立の新しい神社「澄丘神社」は、南郷通の江別側の突き当り、ソフトウェア系のIT企業が林立する工業団地「札幌テクノパーク」の中にあります。




由来を調べてみると、「澄丘神社」は、大正7年に赤平市の宮尾タン氏が創祀した社で、赤平で昭和20年に社殿が建立されており、昭和50年に現在地に再建されたとのこと。

商売繁盛にご利益がある、という記述を見つけましたが、宮尾タン氏については、ネット上に情報がなく、ちょっとミステリアスですね。

テクノパークの分譲開始が1986年(昭和61年)ですから、澄丘神社はそれ以前にこの地にあったことになります。昭和60年以前は、どのような場所だったのでしょう。

毎年9月中旬には、宵宮祭と本祭が開催され、露店のほか、太鼓演奏、歌謡ショー、ビンゴゲームなどが行われています。

■澄岡(澄丘)神社
住所 北海道札幌市厚別区下野幌テクノパーク2丁目5−1

アクセスマップ・地図

スポンサーリンク



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

-06歴史・地勢・史跡・仏閣

© 2020 新札幌情報ナビ Powered by AFFINGER5