08開発・建設・工事・不動産

【新さっぽろ駅周辺再開発】造成工事に着工~2019年6月1日現在の様子【札幌市厚別区】


千歳線の側道から厚別東方面を望む

2019年春、雪が解けてから次々と着工した新札幌・新さっぽろ駅周辺の再開発ですが、現場の最新の様子をお知らせします。

写真の撮影日は、いずれも、2019年6月1日です。造成工事が始まり、いよいよこの場所が新しくなるのだと実感させられます。

スポンサーリンク


 

札幌ドーム1個分の敷地にホテル・病院・商業施設・大学などを配置

新札幌・新さっぽろ駅周辺の再開発は、G街区に大学などの教育機関、I街区に商業施設・ホテル・分譲マンション・医療施設の建設する大規模複合開発プロジェクトです。

2018年12月に大和ハウス工業が発表した報道発表資料では、上のような配置図が示されています。

【関連記事】
ダイワハウス工業が「新さっぽろ駅周辺地区での大規模複合開発プロジェクト」を公表【札幌市厚別区】(2018年12月19日)

 

「G街区」の2019年6月1日の様子

「G街区」は、札幌市青少年科学館近くの南郷通り沿いのエリア。

ここに、札幌学院大学(6階建て)、産業科学専門学校(5階建て)の建設が予定されており、現在、造成工事がおこなれています。いずれも、開学は2021年4月の予定。

札幌学院大学の広報誌では、「都市型、開放型のキャンパスを目指し、生涯学習の拠点としてコミュニティ・カレッジを移転・充実させるとのこと。

 

「I街区」の2019年6月1日の様子

「I街区」は、ホクノー新札幌ビルと千歳線、南郷通り、原始林通りに挟まれたエリア。

ここに、ホテル、商業施設、高層マンション、メディカルビル4棟が建設される予定で、現在、造成工事が行われています。

原始林通り沿いの「新札幌センタービル」横からアクセスする道路の付け替え工事が進行中です。

商業施設については、大和リースが手掛けることから、全国展開している「Bivi」になると思われ、立体駐車場を含む、地下2階、地上5階建ての規模となる模様です。

※いずれの写真も、一般通行が可能な歩道上から撮影しており、工事現場の敷地内にはいっさい侵入しておりません。

 

スポンサーリンク



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

-08開発・建設・工事・不動産
-, , , ,

© 2020 新札幌情報ナビ Powered by AFFINGER5