この記事の筆者・著者/新札幌情報ハンター

02グルメ・飲食

ヴェールに包まれたアークスの2種類の「のり弁」その中身は?【札幌市厚別区】

「スーパー・アークス イースト」(旧ビッグハウス イースト)で販売されている「のり弁当」は、中身が見えません。そのヴェールに包まれた「のり弁」の中身に迫ります。

スポンサーリンク


 

2種類あるアークスの「のり弁当」

食品スーパーやコンビニでお弁当を購入する際には、容器の透明なフタから中身を見てから食べたいお弁当を決めますよね。

ところが、「スーパーアークスイースト」の「のり弁(のり弁当)」は、中身が見えないのです。

ここの「のり弁」には2種類あり、1つは「7品目ののり弁」、もうひとつは「日替わりのり弁(今日ののり弁)」です。

「7品目ののり弁」については、写真が掲出されていますが、実際の中身を見ることはできません。

「7品目ののり弁」を買ってみた

「7品目ののり弁」は、パッケージにこのような絵柄(イラスト)が描かれており、一応、内容が分かるようになっています。また、先にお見せした写真のように、店頭には中身の写真が掲出されています。

さて、実際の中身を見てみましょう。

おおむねイラストのとおりにオカズが配置されています。

お値段は398円(税別)。931kcalと成人男性にも満足のエネルギー量です。

お醤油が付いてきますが、ご飯とのペース配分的には、筆者の場合はかけなくても大丈夫。

オカズが多くて大変ありがたいのですが、相対的にご飯が足りない状況となってしまいます。

きんぴらが見つからず捜索していたら、玉子焼きの陰に発見しました。

「のり弁」はもともとそうなのかもしれませんが、栄養バランス的には野菜が不足ですね。コロッケの中のイモも野菜といえば野菜ですが・・・揚げ物の肉系オカズが多いので、どれか1品を野菜に変更していただいた方が良かったりして。

筆者の個人的な感想としては、おかずの充実度に対して相対的にご飯の量が少ないので、オカズの量に合わせるとなると、おにぎりを1個追加したいくらいです。

実際に、購入された方はどんな感想をお持ちでしょうか。

というわけで「7品目ののり弁」でしたが、「日替わりのり弁(今日ののり弁)」は依然としてヴェールに包まれたままです。とても気になりますよね?

ええ、私も、とても気になっています。

■スーパーアークス イースト
※旧「ビッグハウス イースト」
住所 北海道札幌市厚別区厚別中央2条2丁目2−6
営業時間 平日 10:00~12:00、日曜 9:00~12:00

アクセスマップ・地図

スポンサーリンク



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

-02グルメ・飲食

© 2021 新札幌情報ハンター Powered by AFFINGER5