02グルメ・飲食

ラーメン店「味の時計台」が神奈川県の外食運営会社に経営譲渡_北海道らしさは守られるのか


味の時計台 厚別店

ラーメン店「味の時計台」の運営する時計台観光が、神奈川県の外食運営会社の経営者に全株式を譲渡し、経営を引き継いだことが分かりました。

スポンサーリンク


 

年内に札幌市内の1店舗を「家系ラーメン」に転換

ラーメン店「味の時計台」の運営する時計台観光が、神奈川県の外食運営会社「トイダック」の経営者に全株式を譲渡し、経営を引き継いだと、2020年10月13日の北海道新聞が報じました。

味の時計台は、1986年に札幌のススキノで誕生し、運営する「時計台観光株式会社」によるフランチャイズ展開で道内30店舗、動画い5店舗、海外に1店舗を構えています。

「味の時計台」という名称から、北海道、札幌を強くイメージさせ、観光客にも人気がありますね。

味の時計台 新札幌店

前述の北海道新聞の記事では、年内に札幌市内の1店舗を、豚骨ベースで濃厚な味わいの「家系ラーメン」の店に転換するということです。

現在も、博多風の豚骨ラーメンをメニュー化したりしていますが、観光資源としての「味の時計台」がどう守られていくのか気になりますね。

なお、札幌市厚別区内には、「味の時計台 厚別店」と「味の時計台 新札幌店」の2店舗が営業しています。

■味の時計台 厚別店
住所 北海道札幌市厚別区厚別東五条3-24-55
リンク:食べログ

■味の時計台 新札幌店
住所 北海道札幌市厚別区厚別中央2条5-8 新札幌名店街3号館 1F
リンク:食べログ

リンク:味の時計台公式サイト

スポンサーリンク


にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

-02グルメ・飲食

© 2020 新札幌情報ナビ Powered by AFFINGER5