08開発・建設・工事・不動産

新さっぽろ駅周辺再開発「I街区」の現況_2020年5月31日工事進捗【札幌市厚別区】

アークシティ東駐車場から撮影

新さっぽろ駅周辺の再開発のうち、ホクノー新札幌ビル裏手の「I街区」2020年5月31日現在の工事進捗の様子を現地の写真でご紹介します。

スポンサーリンク


 

G街区では大学、専門学校の校舎の建設が既に始まっていますが、I街区にはまだ建物らしきものは出現していません。

次に、これまで発表されている事業概要を確認しながら、2020年5月31日に撮影した写真をご覧いただきます。

 

I街区の各施設は、2022年春の開業予定

ホテル・マンション・医療施設・商業施設の建設概要

写真右手の緑は、JR千歳線

I街区(約3・9ha)の東側(南郷通り側)には、病院・メディカルビルなどが計4棟、地上12階建てのホテル、30階建ての高層マンション、地下2階地上5階建ての商業施設(立体駐車場を含む)が建設されるほか、既存の商業施設とは厚別青葉通りの上に空中回廊が設けられる計画となっています。

いずれも2022年春の開業を目指しているということです。

I街区 建設計画概要

施設区分 建築階  延面/
平方メートル
商業施設(立体駐車場含む) 地下2階、
地上5階
 47,900
ホテル 地下1階、
地上12階
 14,800
集合住宅 地下1階、
地上30階
 24,100
新さっぽろ脳神経外科病院(A棟) 5階  11,300
新札幌整形外科病院(B棟) 5階  5,700
記念塔病院(C棟) 7階  9,600
クリニックなど(D棟) 7階  11,300

情報元/北海道建設新聞

なお、現在、厚別区内で開業されている「新さっぽろ脳神経外科病院」、「新札幌整形外科病院」、「記念塔病院」が移転してくることが決まっています。

気になる「商業施設」の名は「BiVi」

商業施設については、大和リースが手掛けることから、全国展開している「Bivi」になるのでは、といわれています。
「BiVi」は、全国に11か所あり、大和リースが展開する複合商業施設の中では都市型商業施設と位置づけられているとのこと。アミューズメント系、スポーツ系などコンセプトを明確にした出店が特徴的ですが、現在のところ新札幌に関する情報はありません。

昭和の時代に「BIBI」(小西直子、早坂あきよの2人組)というアイドルデュオがいましたが、もちろん「BiVi」とは関係ありません。

【関連記事】
新札幌にホテル・高層マンション・商業施設先端医療施設等の建設計画_旧市営住宅跡地I街区の再開発【札幌市厚別区】/2017年5月25日
【新さっぽろ駅周辺再開発】造成工事に着工~2019年6月1日現在の様子【札幌市厚別区】/2019年6月2日

スポンサーリンク



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

-08開発・建設・工事・不動産

© 2020 新札幌情報ナビ Powered by AFFINGER5