未分類

【新規開店】「北海道スープカレー専門店 雪道 厚別中央店」が2020年2月オープン【札幌市厚別区】

「北海道スープカレー専門店 雪道 厚別中央店」が2020年2月2日にオープンしました。

スポンサーリンク


 

パーラー太陽横の狭小店

「北海道スープカレー専門店 雪道 厚別中央店」が開店したのは、国道12号沿いの厚別警察署向かい「パーラー太陽 厚別中央店」に併設された店舗スペースです。カウンターのみ7席の小さなお店。

「北海道スープカレー専門店 雪道 厚別中央店」は、中央区南9条西17にある「北海道スープカレー専門店 雪道」の支店としての位置づけのようです。

この場所には、ついこの間まで、油そばの「道産子油そば 混ぜ坊」が営業していましたが、「雪道 厚別中央店」になってからも、同じ店長さんが切り盛りしているという不思議な状況。

オープン日は、2020年2月2日だと思われます。出前受付サイト「出前館」では、2月7日から宅配サービスを開始しています。

 

タッチパネルの券売機

さて、入口を入ると左側にタッチパネル式の券売機があります。筆者はチキンカレーを選択、席について食券を店員さんに渡します。

水はセルフサービスで、券売機の右側にあります。

 

鶏ガラにカツオだしを合わせたスープ

スープカレーってどうして、こうも絵になるんでしょうね。絵具を落としたかのようにパプリカ、ニンジン、カボチャ、オクラがスープカレーのキャンバスで輝いています。

ライスは、S/M/Lの区分があり。Lの場合だけ100円増しとのこと。また、今回はランチタイム割引を行っていたようで、80円引きとなりました。

スープは、サラサラしています。スープカレーの割には酸味は控えめで、クミンなどのスパイスの風味が程よく香ります。ココナッツは使っていないようで、ニンニクも控えめのようです。

この説明文では「どろっとした」と表現されていますが、ルウカレーのように小麦粉を使っているわけでなく、油分が多いわけでもなく、あくまで溶けた玉ねぎなどによるトロミであり、粘度はあまりありません。

厚別中央店では、スープにカツオだしを合わせているとのことで、このことが上品さを演出しています。

 

後入れの「カツオニンニク粉」あり

スープを多めにしていただいたので、最初の写真では水没していましが、チキンカレーですから、もちろんチキンレッグが入っています。突き出た棒状の食材はゴボウです。

アレンジしたい人のために、後入れのスパイスも用意されています。

札幌には様々なスープカレーがありますが、カツオだしを合わたサラリとしたスープは、中年世代をはじめ幅広い層に支持されそうです。

札幌市内の他の区に比べてスープカレー店が少ない印象のある厚別区において、新札幌駅から徒歩5~7分程度の距離にある「雪道」は貴重な存在。

ぜひ、永く営業していただければ嬉しいですね。

ちなみに、当店と引き換えに閉店した「道産子油そば 混ぜ坊」は、完全閉店ではなく、第二幕が待っているようですよ。

【関連記事】
【新規開店】「道産子油そば 混ぜ坊」驚異的なコスパで味も上々~2019年10月【札幌市厚別区】/2019年12月2日

■北海道スープカレー専門店 雪道 厚別中央店
住所 北海道札幌市厚別区厚別中央3条4-6-20 パーラー太陽横に併設
電話 080-7822-0006
営業時間 営業時間
11:00~15:00(L.O.14:30)
16:30~22:00(L.O.21:30)
定休日 火曜日(祝日の場合は水曜日)
駐車場 なし

出前館(Demae-can)

アクセスマップ・地図

スポンサーリンク



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

-未分類

© 2020 新札幌情報ナビ Powered by AFFINGER5