14風景・景観・街路など

新札幌のシンボル_アークシティの時計が無くなる?公式サイトで衝撃のお知らせ【札幌市厚別区】

新札幌アークシティ_サンピアザ&デュオの公式サイトに衝撃的なお知らせが掲載されています。




公式サイトにデュオ屋上時計塔(JR側)撤去工事のお知らせ

 

デュオ屋上時計塔(JR側)撤去工事のお知らせ

デュオ屋上時計塔の南面(JR側)について、老朽化に伴う安全対策のため時計盤面及び看板類を撤去することとなりました。
工事期間中はご不便をお掛けしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

(工事期間)
平成29年6月19日(月)~7月5日(水)

引用サンピアザ&デュオ公式サイトより

メディアに登場する際に必ず使われる新さっぽろのシンボル

今や新札幌が紹介されるときには必ずといってよいほど登場するDuo屋上の時計塔のある風景。古くからの新札幌住民ではない筆者にとっては、最初から新札幌の風景としてなじんでいる時計塔です。

ここは、おそらく新札幌のショッピングモールの第2期事業として、平成4年(1992年)6月にグランドオープンした「新さっぽろ駅ターミナルビル」の建設と合わせて作られたものなのでしょう。

カテプリもイオンも、外観は老朽化が進んでいますし、ホテルエミシアとともに新さっぽろアークシティホテルを含むDuo(デュオ)の外観が、新札幌が報道されるときには、新札幌の象徴的な風景として発信されています。

果たして補修や交換の可能性はあるのか?

時計塔の撤去が、今回はJR側だけとはいえ、今回の告知では、"交換"、"付け替え"、"補修"などには触れられていません。

ただ「老朽化に伴う安全対策のため時計盤面及び看板類を撤去することとなりました。」と記されているだけで、補修を検討しているかなど、詳細な情報が無いため、不安ばかりが募ります。

最終的に時計塔が無くなることは考えにくいことですが、運営主体である「株式会社 札幌副都心開発公社」から、安心できる続報が出されることに期待したいと思います。

【リンク】
サンピアザ&デュオ公式サイトより
「デュオ屋上時計塔(JR側)撤去工事のお知らせ」

(株)札幌副都心開発公社公式サイト

スポンサーリンク



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

-14風景・景観・街路など

© 2020 新札幌情報ナビ Powered by AFFINGER5