信濃神社の「春祭り」2018年5月14日(月)、15日(火)境内参道に露天が並ぶ【札幌市厚別区】

01イベント・祭り・行事
スポンサーリンク





信濃神社(札幌市厚別区)

2018年5月14日(月)と15日(火)、厚別中央の停車場通り沿いにある信濃神社で「春祭り」が開催され、期間中は境内参道に様々な露天が並びます。

信濃神社「春祭り」

日時 2018年5月14日(月)、15日(火)
場所 信濃神社(札幌市厚別区厚別中央4条3丁目)

・宵宮祭
5月14日(月)18:00~
・例祭
5月15日(火)10:00~

スポンサーリンク


信濃神社の由来

北海道神社庁のホームページでは、次のように紹介されています。

【由緒】
明治14年長野県上諏訪より、河西由造が30戸の入植者と共に厚別中央、西部、川下で開墾に励んだ。明治15年諏訪大社より御分霊を奉戴し、心の拠所として、初めは小さな祠を建てて祀っていたが、明治30年、河西、世話人達によって、堂々たる御社が創建された。昭和53年80余年の星霜を経て、老朽化が進み、同9月、現御社殿が竣工した。旧社殿は教化育成などに役立つ事を念願し、北海道開拓の村に保存されている。昭和19年単立社旭町神社の御祭神が、地域の氏子達の依頼により、信濃神社に合祀せられた。又、御鎮座90年の佳節の記念として昭和63年5月氏子30名と共に、長野県諏訪大社より、御祭神、建御名方富命の妃神、八坂刀売命の御分霊を奉戴し、夫婦神共々に仰ぎ奉り、殖産の道に、氏子繁栄に、心のよるべとしてお祀りした。
合併により合祀された歴史をもつ御祭神
上毛野君田道命 旧旭町神社 明治22年創祀 昭和19年8月15日合祀

引用北海道神社庁

信濃神社(札幌市厚別区)

アクセスマップ・地図

スポンサーリンク



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました