01イベント・祭り・行事 13文化・芸術・スポーツ

【NEWS!】「カラオケピロス」のカラオケ代行“ブラサトル”の和田哲さんが歌う曲が決定!【札幌市厚別区】

我が新札幌が誇る「カラオケピロス」の名物企画「カラオケ代行」に“ブラサトル”こと和田哲さんが登場します。


スポンサーリンク


 

「カラオケ代行サービス」って何?

ichannnさんによる写真ACからの写真

運転代行なら分かるけど、カラオケを代行ってどういうこと?

新型コロナウイルスの影響で自粛対象となったカラオケですが、歌いに行けないのであれば、代わりに歌っちゃう!という一見ワケの分からない企画「#カラオケ代行」。Yahooニュースでも配信された「カラオケピロス」の取り組みです。

headlines.yahoo.co.jp

のっけから“ワケのわからない企画”なんて失礼な紹介をしてしまいましたが、しかし、そこには、「人と人の繋がりを見直し、歌うことの楽しさを共有しつつ、行動自粛の意識を高める。」という、ちゃんとしたコンセプトがあるのです。

登場人物が面白くなりそう


この企画は、「カラオケピロス」が指名した人が、あなたの代わりにカラオケを歌います、というもの。「学校の先生」や「厚別を盛り上げている人」「北海道で活動するミュージシャン」などが続々登場します。

歌い手となる代行者の登場とともに、4曲の候補曲がツイッターアンケートで示されます。皆さんは歌ってほしい曲に投票し、1位を獲得した曲を代行者が歌います。その歌っている姿は、カラオケピロスのアカウントによって、拡散されます。

代行者はカラオケピロスの従業員さんから始まり、ラジオパーソナリティやシンガーの女性などが続きましたが、さて、次にはどんな人が登場するのだろうと、ぐんぐん期待が高まっていたところで、9回目が、なぜか「和田哲」さんww

この展開からして、面白い。

 

カラオケ代行者に選ばれた“ブラサトル”こと和田哲さんが何を歌うのか

さて、O-Tone編集部の和田哲さんが参戦するとカラオケピロスのツイッターで告知されたのは、2020年4月23日のことでした。

和田哲さんといえば、人気テレビ番組ブラタモリにも登場し、街歩きの案内人“ブラサトル”としてHBCテレビにもたびたび登場している人ですね。

投票にかけられたは、次の4曲。

2020年4月24日のお昼で投票は締め切られ、和田さんが歌う曲が決まりました。

街歩きの案内人にふさわしい曲は当然「中の島ブルース」でしょ、と来るはずが、なぜかどーしてかイエモンこと「THE YELLOW MONKEY」の「JAM」(笑)。

この世界に真っ赤なジャムを塗って、食べようとする奴がいても、きっと「ピロザンギ」を食べたくて明日を待つのでしょう。

スポンサーリンク





にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

-01イベント・祭り・行事, 13文化・芸術・スポーツ

© 2020 新札幌情報ナビ Powered by AFFINGER5