02グルメ・飲食

銀波露江別本店で「十種の彩り野菜らぁ麺」味も見た目も芸術的【江別市】


食べログ評価[3.44]という泣く子も黙る超名店「銀波露」。いまさらブログで取り上げることもないかな、と10年ほど食べていませんでしたが、ついに美味しさの記憶に負けて久しぶりの訪問。

もちろん、美味しすぎて超大満足で、改めて「銀波露」って凄いなあ、と思った次第。

スポンサーリンク


 

「銀波露江別本店」は、厚別区に隣接した場所にあります

「銀波露」は、江別市大麻に2001年12月オープン。イベント等に積極的に出店するなどして知名度を挙げ、現在は、札幌月寒店、札幌手稲店、とかち帯広店、そして江別本店と合わせ4店舗を展開しています。

江別本店は、厚別区との境界線に近い江別市大麻ひかり町の三番通り(厚別通り)沿いにあり、厚別区民は区内と変わらない距離で行くことができます。

「ぱいくう麺」が有名な銀波露

さて、銀波露の人気ナンバーワンメニューは、「ぱいくう麺」。ライトな"カツラーメン"ともいえる肉々しい姿は、SNSでも頻繁にお目にかかることがあります。

この印象が強いためか、「銀波露ってコッテリ系なの?」と思われがちですが、必ずしもそうとはいえません。

スープは豚骨ベースなので不透明ですが、見た目よりもサラリと食べることができます。

 

十種の彩り野菜らぁ麺を実食レポ

今回は、インスタ映えを意識して、いや健康を意識して「十種の彩り野菜らぁ麺」(980円)を注文しました。味噌・醤油・塩の各味が選べ、筆者は醤油を選択しました。

香ばしい極上スープ

全体にラードの香りがしますが、スープ表面に油が浮いているわけではありません。

なんとも香ばしい極上スープは、世界に誇れる名品でしょう。

たっぷり野菜で栄養満点

野菜の種類を数えてみましょう。

ネギ、ニンジン、カボチャ、ナス、パプリカ、ブロッコリー、レンコン、キャベツ、シシトウ・・・あとは何だろう?メンマかな?それともネギが2種類?細かいチップはゴボウ?

いずれにしても、沢山の野菜が乗っています。

ブロッコリーの揚げ具合は超絶妙です。スープカレーにも揚げブロッコリーが乗っていることがありますが、これほどまでに旨味を引き出した絶妙な揚げ具合には、あまりお目にかかれません。

チャーシューも忘れない

「野菜ラーメンを頼んだら、肉が一切れも入っていなかった」ということが良くあります。たしかにそれは「野菜ラーメン」ですが、「あえて"肉抜き"を注文した覚えは無いっ!」と不満の原因にもなります。

しかし、銀波露の「十種の彩り野菜らぁ麺」には、ちゃんとチャーシューが入っているのです。

シコシコ麺がたまらない

麺のレポートが最後になるとは思っていませんでしたが、この麺がなかなか良いのです。プリプリよりもシコシコ感がしっかりしている麺です。

新札幌の界隈だと、醤油屋本店のそれが近いかと思います。

いやあ、それにしても、美味しかった。さすがは名店。銀波露のラーメンの美味しさを知ったら、このお店の近くに住みたい、と考える人もいるのではないでしょうか。

それほどまでに、極上の美味しさでした。ごちそうさまでした。

 

「らぁめん銀波露 江別本店」の住所・営業時間など

■らぁめん銀波露 江別本店
住所 江別市大麻ひかり町45-10
住所 011-387-0010
営業時間 11:00~21:00
年中無休
座席 カウンター6席、テーブル3卓、小上がり3卓 計30席
駐車場 20台
公式サイト

アクセスマップ・地図

スポンサーリンク



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

-02グルメ・飲食

© 2020 新札幌情報ナビ Powered by AFFINGER5