この記事の筆者・著者/新札幌情報ハンター

03店舗・商業施設

「文教堂」が事業再生ADR手続を申請 債務超過で経営悪化_株式上場維持を目指す


「文教堂グループホールディングス」が、財務体質の悪化を受け、一般社団法人事業再生実務家協会に対し、2019年6月28日付で事業再生ADR手続の利用を申請し受理されたと発表しました。

スポンサーリンク


 

近年は赤字続きだった文教堂

ネット通販やデジタルコンテンツの普及などにより、書籍の市場規模は減少傾向の中、近年、文教堂は、事務用品・ホビー関連のフロアを拡大し、ファンシーグッズやアニメ関連にも力を入れるなどして経営改善に向けた取り組みを行ってきました。

しかし、文教堂の発表によると、2013年8月以降は、2017年 8月期を除いて赤字が続き、2018年 8月期には約2億 3000万円の債務超過に陥いっていました。

 

株式上場廃止を回避するため

現在、ジャスダックに上場している同社は、2019 年 8 月末において債務超過の状態が解消されない限り、原則として上場廃止となります。

しかし、2020 年 8月末までに債務超過を解消する再生計画を策定し、当該再生計画が事業再生ADR手続において成立した場合には、1年の猶予期間が認められます。

 

事業再生計画策定に向けて

このことから、同社は、2019年7月12日開催予定の「第1回債権者会議」において、取引金融機関らに対して、一時停止通知への同意(追認)等のお願いをする予定となっており、その後事業再生計画案の成立に向けて協議を続けて行くとのことです。

リンク:(株)文教堂グループホールディングスによる発表資料[PDFファイル]

 

事業再生ADRとは

事業再生ADR(じぎょうさいせいADR)とは、会社の経営が行き詰まった企業の事業再生を目指すにあたり、会社更生法や民事再生法(和議)、破産法などによる裁判所の法的な手続きによる紛争解決の手続きを使わずに、当事者間の話し合いで解決する手続きの事である。

なお、ADRとは裁判外紛争解決手続(Alternative Dispute Resolution)の略。2007年に産業活力再生法の改正により制度化された。

出典/Wikipedia「事業再生ADR」より

 

「文教堂 新札幌DUO店」を利用しよう

新札幌エリアにおいては、JR新札幌駅直結のショッピングモール「Duo-1(デュオ1)」の4階にある文教堂 新札幌DUO店があります。

通勤・通学や他の買い物のついでに気軽に立ち寄れるので、とても便利ですね。

ネット通販が普及し便利になり、私たちも気軽に利用していますが、同じ商品を購入するのでしたら、ぜひ地域にある店舗を利用して、この環境を守っていきたいものです。

■文教堂 新札幌DUO店
住所 北海道札幌市厚別区厚別中央2条5丁目6-2 Duo-1 4階
電話 011-801-8111
営業時間 10:00~21:00
休業日 無休

・公式サイト
・店舗案内(サンピアザ&デュオ公式サイト)

スポンサーリンク




にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

-03店舗・商業施設

© 2022 新札幌情報ハンター Powered by AFFINGER5