この記事の筆者・著者/新札幌情報ハンター

14風景・景観・街路など

厚別中央通りで苦悶の緊縛ブリンカーライト_嗚呼、私はどうなるの?【札幌市厚別区】


厚別中央通りの高架橋のたもとに、全身を縛られ拘束されている物体を発見しました。<2021年5月11日>

スポンサーリンク


 

衝撃の現場は厚別中央通高架橋の“たもと”

ここは、厚別中央通高架橋の“たもと”です。こんな場所で全身を縛られて苦悶に満ちた姿を晒している物体があります。

場所は、ちょうど、マンション「D’レスティア厚別中央通り」の前付近。

 

ブリンカーライトと呼ばれる衝突防止のランプ

縛られている物体の正体は、「ブリンカーライト」と呼ばれる信号の一種。ブリンカーライトとは、道路の中央分離帯などに設置される衝突防止用のランプのこと。

ここでは、橋を通る道路と側道の間に設置されていますが、衝突防止のために設置されているのに、何者かが見事に衝突した結果、このような姿になったのでしょう。

 

「厚別区0591」の運命やいかに

横を見ると「厚別区0591」の文字。覚え方は「おー極意(0591)」とでもしておけば良いでしょうか。

<2021.07.02追記> よく見ると「厚別区0591」の下に「2」が見えますね。つまり「厚別区05912」が正解のようです。

いずれにしても、いつかは修復されるであろうこの姿。この縛られた姿を鑑賞したい方は今のうちです。

■苦悶の緊縛ブリンカーライト(2021年5月現在)
住所 〒004-0055 北海道札幌市厚別区厚別中央5条4丁目9−26前

スポンサーリンク



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

-14風景・景観・街路など

© 2022 新札幌情報ハンター Powered by AFFINGER5