この記事の筆者・著者/新札幌情報ハンター

05交通機関・公共施設・病院・学校など

日本ハムBPと新札幌のバス路線計画に札幌市も整備の考えを示す【札幌市厚別区】


北広島市に2023年に開業予定のプロ野球「北海道日本ハム」の新球場「北海道ボールパーク」への観客輸送の拠点としてJR新札幌駅からのバス路線を計画していることが公表されました。

スポンサーリンク


 

新球場の開業に伴い地域活性化を目指す官民組織「オール北海道ボールパーク連携協議会」の会合が2020年2月25日開催に開催されました。

この会議の席上で、プロ野球「北海道日本ハム」の新球場「北海道ボールパーク」の開業を2023年に控え、札幌方面からの観客輸送の手段としてJR新札幌駅をバス郵送の拠点とする計画が報告されました。

2020年2月25日付の「NHKニュースWEB」によると、。新球場運営の担当者は、予想される混雑を緩和するために、JR新札幌駅と新球場を結ぶバス路線が計画されていると報告したとのこと。

一方で、バスの運転手確保が課題とされ、市外のバス会社にも協力を求める方針も示されたとのこと。

2020年2月26日付の北海道新聞(札幌地方版)によると、札幌市の吉岡副市長は市議会で「新さっぽろ駅前広場にBPへのシャトルバスが発着可能なスペースを整備する」と述べたと記されています。

スポンサーリンク

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

-05交通機関・公共施設・病院・学校など

© 2021 新札幌情報ハンター Powered by AFFINGER5