新札幌情報ナビ

札幌市厚別区の新札幌エリアとその周辺の地域情報・話題をお届けします。

06歴史・地勢・史跡・仏閣

石狩市と厚別区に2つの「新札幌」が存在した?これは都市伝説ではありません

投稿日:


昭和40年代に、石狩市に「新札幌」があったという話はご存知でしょうか。正確にいうと、大規模なベッドタウン開発の過程で「新札幌団地」と呼ばれていたエリアがあったのです。

スポンサーリンク


 

筆者がこのことを知ったのは、2019年6月25日付けで下記のようなツイートを見つけたことが始まりで、初耳だったことから、その内容を調べてみました。

 

石狩市花川南地区の「新札幌団地」開発

現在の石狩市花川南地区では、1965年(昭和40年)から、大規模な民間住宅団地の造成が行われ、開発を担当した内外緑地株式会社により「新札幌団地」と呼ばれていました。

1966年(昭和41年)に湧出した温泉を「新札幌温泉郷」と呼んだりするなどしていたようですが、1976年(昭和51年)、当時の石狩町が字名改正をした際に、このエリアは「花川南」という地名となったことから、以降「花川南地区」と呼ばれています。

 

札幌市による厚別区の副都心開発

一方、1971年(昭和46年)策定の「札幌市長期総合計画」において現在の新札幌エリアが札幌市の副都心として位置づけられるとともに、千歳線のルート変更にともない1973年(昭和48年)開業した新駅が「新札幌駅」と命名されたことから、このエリアを「新札幌」と呼び大規模な開発が行われました。

石狩市における「新札幌」の方が、実は早かったにも関わらず、札幌市による「副都心」として位置づけされた厚別区の「新札幌」の方が優先される結果となったのでしょう。

 

なお、石狩市花川南地区における「新札幌団地」についての経緯は、いしかり砂丘の風資料館(北海道石狩市弁天町30-4)で発行している「石狩ファイル」に記されています。

石狩ファイルPDF版 No.158「新札幌団地」(PDF455KB)

スポンサーリンク




にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

-06歴史・地勢・史跡・仏閣

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

1973年、北海道百年に5,300人余りが参加した手形のレリーフ「大地の手」【札幌市厚別区】

北海道百年記念塔が完成し一般公開されたのが1971年(昭和46年)。その横に5,300人余りの人の手形が埋め込まれたレリーフ「大地の手」があります。 スポンサーリンク この大地に「手」を残そうとした意 …

今だけの超レア現象か?「原始林通り」がGoogleマップで「城堀林道」に【札幌市厚別区】

Googleマップがゼンリンとの契約解除に伴い自前作成のマップに変更したことで、「マップが劣化した」「陳腐化した」と話題になっています。 なんと、新札幌エリアでも、注目すべき現象が起きていることが分か …

澄丘神社の除夜の鐘~2019年の初詣(初もうで)・厄払いの日程など【札幌市厚別区】

札幌テクノパーク内にある澄丘神社の初詣などの情報を掲載します。情報元は「まんまる新聞」平成31年1月1日号です。 スポンサーリンク   澄丘神社の2018年内の参拝 2018年12月31日( …

7月17日は「道みんの日」北海道博物館の総合展示と北海道開拓の村の入場料が無料に【札幌市厚別区】

※この記事は2018年の情報を元に編集しています。 7月17日は、北海道博物館と北海道開拓の村へ 7月17日は、「道みんの日」。この日は、「北海道博物館の総合展示の観覧料」及び「開拓の村の入場料」が無 …

「北海道開拓の村」につきまとう心霊スポットとしての噂への対処法【札幌市厚別区】

全く霊感のカケラも無い筆者は、当然、幽霊などというものは見たことはないのですが、実際に体験した人に話を聞くと、複数の証言がかみ合って、真実味のある事例もあるようです。 中には、1つの話から派生して尾ひ …