新札幌情報ナビ

札幌市厚別区の新札幌エリアとその周辺の地域情報・話題をお届けします。

02グルメ・飲食 03店舗・商業施設 12子育て・家族・福祉・仕事

子連れで新札幌_プチ観光・滞在プラン~遊び・見学・ランチ・買い物・宿泊【札幌市厚別区新さっぽろ】

投稿日:


この記事では、お子様連れご家族の「新札幌滞在プラン」をご提案します。

左手バスターミナルの上が「新さっぽろアークシティホテル」、右側の高層ビルが「ホテルエミシア札幌」/2019年1月

新札幌(新さっぽろ)と観光

新札幌(新さっぽろ)に「観光」というイメージはありませんが、ホテルエミシア札幌には、観光目的のお客様が多く訪れますし、JR駅と直結している新さっぽろアークシティホテルも便利です。

札幌市中心部にも、郊外地にもお出かけしやすい立地ですが、ぜひ新札幌(新さっぽろ)も楽しんで行かれたらいかがでしょう。

小さなお子様連れであれば、新札幌(新さっぽろ)は、街がコンパクトにまとまっている分、移動にも便利で親の負担は軽くなります。

札幌市内からの日帰り、あるいは、道内の他市町村から訪問されるお子様連れのご家族には十分楽しんでいただけるものと思います。

スポンサーリンク


 

「新札幌(新さっぽろ)」ってどんなところ?

新札幌は、1970年代に札幌の副都心として開発されたJR新札幌駅を中心としたエリアの呼称で、住所や地名としては存在しません。1980年代には、地下鉄「新さっぽろ」駅も開業、両駅と直結した商業施設が集積し、1989年に札幌市白石区から分区した厚別区が誕生すると、厚別区の中心地域として発展してきました。

2016年から2017年にかけて行われた各商業施設の大規模なリニューアルにより昭和のイメージを一新、2019年から始まる再開発事業では、商業施設に加え大学や医療機関を建設する予定です。

新札幌エリアの副都心開発を担う「札幌副都心開発公社」が管理する商業施設を総称して「新さっぽろアークシティ」という名称がありますが、一帯にはイオン北海道の「イオン新さっぽろ店」や、イオンモール北海道が運営する「カテプリ」もあり、線引きがイマイチわかりづらいので「アークシティ」という呼び名はあまり使いません。

商業施設は、「サンピアザ」、「カテプリ」、「Duo1」、「Duo2」、「イオン新さっぽろ店」の各ビルがJRや地下鉄駅と直結し、隣接して「札幌市青少年科学館」や、屋外ステージ「ふれあい広場あつべつ」などがあります。

「サンピアザ」には、イベントや展示会に使われる「光の広場」、演劇やコンサートホールとして「サンピアザ劇場」、子供向け屋内遊戯施設「ファンタジーキッズリゾート」そして「サンピアザ水族館」があります。

「カテプリ」には、フードコートや大規模なアミューズメントコーナーが、「Duo1」、「Duo2」には商業機能のほかメディカルゾーンやカルチャースクールなども充実。

JR新札幌駅改札から徒歩1分の「新さっぽろアークシティホテル」とともに、これらは全て屋内通路でつながれており、天候に関係なく時間を過ごすことができます。

屋外へ出ると高架下などには10軒以上の居酒屋等が連なり、目の前には地上30階建ての「ホテルエミシア札幌」がそびえています。

 

子ども連れ新札幌滞在プランのご提案

お子様1人とご両親の3人家族を想定して、丸一日を新札幌(新さっぽろ)で過ごすプランを考えてみました。

 

【午前】

小さいお子さんなら「ファンタジーキッズリゾート」、少し大きめのお子さんなら「青少年科学館」に、小学生も高学年くらいになったら、新札幌から近くの「北海道博物館」や「北海道開拓の村」も楽しめるかもしれません。

 

ファンタジーキッズリゾート新さっぽろ店(サンピアザ内)

(0歳~小学校低学年)

2017年2月頃撮影

大規模な子供向け屋内遊戯施設。
公式サイト

【アクセス】サンピアザ1F「光の広場」横(フロアマップ
【出費】2,110円(タイムパック2時間・休日料金で計算)

<公式facebook>


 

札幌市青少年科学館(サンピアザから徒歩1分)

(5歳くらい~小学生)

宇宙や科学を遊んだり体験したりしながら学べる施設。中学生以下は無料ですが中学生は生徒手帳が必要です。
公式サイト

【アクセス】サンピアザの建物を出て徒歩2分
【出費】1,400円(大人700円×2人、子ども無料)

 

北海道博物館(タクシーで10分)

(小学校中学年~)

新札幌からタクシーで10分ほどの距離にある「北海道博物館」は、北海道の自然・歴史・文化をひも解く博物館。マンモスの復元骨格、土器やアイヌの伝統工芸、開拓~昭和までの貴重な資料や展示品などなど、年齢に関係なく楽しめます。
公式サイト

【アクセス】国道12号経由で3.5km
※新札幌バスターミナルから路線バスも利用できます→交通案内
【出費】3,600円(新札幌からタクシー3.5kmで約1,200円×往復。観覧料大人600円×2人、中学生以下無料(年齢の分かるもの持参))

※同じエリア内の「北海道開拓の村」もおススメです(入場すると食堂が利用できます)。

北海道博物館と同じエリアにある「北海道開拓の村」

 

【昼食】

昼食は、カテプリ地下2階のフードコート「フードフォレスト」が良いでしょうか。小さい子供でも座りやすい低いテーブルのコーナーもあります。
少し大きなお子様でしたら、Duo1の「びっくりドンキー」や「サイゼリア」なども家族連れに適していますね。

 

フードコート「フードフォレスト」(カテプリ内)

新札幌の商業ビルは、大きく分けると「サンピアザ」、「カテプリ」、「Duo(デュオ)」の3つに分けられます。このうち、「カテプリ」の地下2階には広々としたフードコートがあります。

【参考】新札幌カテプリのフードコート完全ガイド

 

サンピアザ・Duo1(デュオ1)の飲食店街

フードコートではちょっと落ち着かない、という方は、下記の飲食街を利用すると良いでしょう。
サンピアザメトロモールB2F(7店舗)
サンピアザメトロモールB3F(5店舗)
Duo1(デュオ1)5F(7店舗)

【参考】新札幌レストランガイド_新さっぽろ初心者のためのフロア別飲食店早わかり

 

その他

北海道博物館や北海道開拓の村をご利用された方は、近くの国道12号沿いにある、焼肉レストラン「ぼくぜん厚別店」や、「すたみな太郎 新札幌店」が利用しやすいでしょう。

また、新札幌までの道中の国道12号沿いには、「ステーキ宮 厚別店」、「とんかつ玉藤厚別店」、「暖龍 厚別店」なども、ご家族連れで利用しやすい飲食店が立ち並んでいます。

 

 

【午後】

サンピアザ水族館(サンピアザ内)

海岸沿いにあるような大規模な水族館と比較すると、さすがに小規模ですが、海水魚・淡水魚、ペンギン、コツメカワウソややゴマフアザラシなど約200種類、約10,000点を展示。大規模ショッピングセンターに隣接した都市型水族館として若者のデートスポットとしても重宝されています。

【アクセス】サンピアザと一体となっていますが、構造上入り口は外側にあります。
【出費】2,200円(大人900円×2、子供400円)

 

その他

 

よしもとエンタメショップ(カテプリB1F)

 

サンシェルwith駄菓子屋(カテプリ3F)

 

厚別パークボウル(JR新札幌駅から徒歩10分)

【宿泊】

新さっぽろアークシティホテル

JR新札幌の改札を出て30秒「新さっぽろアークシティホテル」は24時間営業のコンビニ直結でとても便利で何といっても便利な立地。サンピアザ水族館入場券付プラン、家族3人で20,000円前後のプランから用意されています。お一人でのご利用なら5,000円前後からとリーズナブル。公式サイト

ホテルエミシア札幌

JR新札幌駅から徒歩3分、地下鉄新さっぽろ駅9番出口より徒歩3分。地上32階建ての高層ホテル。31階にあるバー、2千平米のスパ施設、ベーカリーショップなどを備えた高級感あふれるホテルです。3名の宿泊で30,000円~40,000円が相場です。公式サイト

・・・・・・・・・・・・・・・

いかがでしたでしょうか。新札幌エリアの住民にとっては何度も訪れたことがある場所だと思いますが、ひとまとめにすると意外と「観光」や「滞在」のプランとしても楽しめそうです。ぜひ新札幌(新さっぽろ)へお越しください。

スポンサーリンク



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

-02グルメ・飲食, 03店舗・商業施設, 12子育て・家族・福祉・仕事
-, , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カーセブン江別文京台店

カーセブン江別文京台店_2018年6月30日にオープン_来店特典あり【江別市文京台】

まんまる新聞への折込チラシ 江別市文京台の国道12号沿いに自動車の買取りと販売のフランチャイズ・チェーン「カーセブン江別文京台店」が2018年6月30日にオープンです。 「カーセブン江別文京台店」を運 …

【閉店】「デュパン (Du・Pain)」が2018年4月1日で閉店。天然酵母や無添加で人気のパン屋【札幌市厚別区】

厚別区内で人気のパン屋さんが閉店しました。 札幌市厚別区大谷地西の東北通沿いセイコーマート大谷地西店の隣、天然酵母や無添加をウリに人気のあったパン店「デュパン (Du・Pain)」が2018年4月1日 …

JR森林公園駅前_小松水産直営「吉里吉里」で最高の開きニシン定食をいただく【新札幌グルメ】

JR森林公園駅前、地元の「小松水産」が直営する海鮮居酒屋「吉里吉里(きりきり)」のランチタイムにやってまいりました。 小松水産といえば、新札幌のサンピアザにも直売店を構え、鉄道高架下には、グループ会社 …

ホクノースーパーの4つの小規模店舗が「ちびホク」と名称変更2018年9月【札幌市厚別区】

札幌市厚別区内のみで6店舗を展開する地域密着型スーパーマーケット「ホクノースーパー」は、小規模店4店について、2018年9月1日より店舗名を「ちびホク」に変更しました。 スポンサーリンク 「ホクノース …

家づくりをサポートする「COZY厚別店」が2018年1月6日オープン【札幌市厚別区】

「COZY厚別店」が2018年1月6日、札幌市厚別区厚別中央2条1丁目にオープンします。 「COZY」は、札幌の注文住宅メーカー「株式会社ジョンソンホームズ」(代表取締役社長 山地 章夫)が手掛ける住 …