新札幌情報ナビ

札幌市厚別区の新札幌エリアとその周辺の地域情報をお届けします。

06歴史・地勢・史跡・仏閣

明治22年創立の上野幌神社_上野幌地区の鎮守として歴史を刻む【札幌市厚別区】

投稿日:2018年10月15日 更新日:



雪印種苗(株)の近くにある上野幌神社を訪れてみました。

上野幌神社は、明治18年に、入植者の入植者大釜長次郎さんが野津幌川の左岸に九州の山の神として小さな祠を建てたのが始まりといわれています。

スポンサーリンク


近くの国道274号とJR千歳線が交差する辺りは、かつて「立花」と呼ばれ、飲食店や雑貨屋、魚屋、馬宿など10軒ほどが立ち並んでいたそうです。

「立花」という名の芸者が、身請けされてここに茶屋を開いたことに由来する地名なんだとか。

※見請けとは 身代金を支払い遊女としての稼業をやめさせること。

恵庭や島松方面からの馬車や馬ソリが行き交い、札幌の街中まで行く際の休憩所として使われていました。

大正15年に千歳線が開通すると、札幌までの所要時間も身近くなり、急速に寂れていきました。

そんな時代の変遷を見てきた上野幌神社、少し歴史を知ると、同じ風景でも、重みが違ってきますね。

近くには、「立花橋」と、橋に「立花」の名称が残っているとのことなので、機会を見て訪れてみたいと思います。

<上野幌神社の由来>

明治18年頃にこの地域の開拓が開始され入植者大釜長次郎氏が野津幌川左端に山の神を奉斎したことに始まる。

明治22年現在地に移転遷座し、大正4年豊前の宇佐八幡神宮より御分霊を戴き奉斎する。

大正13年社殿を新たに造営、昭和43年不審火により全焼するが後に再建される。

引用/上野幌神社清掃奉仕活動の案内チラシ

【参考】
厚別区年表

■上野幌神社
住所 北海道札幌市厚別区厚別町上野幌822

アクセスマップ・地図

スポンサーリンク



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

-06歴史・地勢・史跡・仏閣
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

1973年、北海道百年に5,300人余りが参加した手形のレリーフ「大地の手」【札幌市厚別区】

北海道百年記念塔が完成し一般公開されたのが1971年(昭和46年)。その横に5,300人余りの人の手形が埋め込まれたレリーフ「大地の手」があります。 スポンサーリンク この大地に「手」を残そうとした意 …

「厚別ブラ歩き」がウェブで読めるようになった_道新青葉中央販売所が発行【札幌市厚別区】

「青葉中央販売所」エリアの北海道新聞朝刊に折り込みの「厚別ブラ歩き」がウェブで読めるようになりました。 「厚別ブラ歩き」は、毎月5日発行の「道新青葉中央販売所だより」の裏面に掲載されており、厚別区の様 …

「北海道開拓の村」につきまとう心霊スポットとしての噂への対処法【札幌市厚別区】

全く霊感のカケラも無い筆者は、当然、幽霊などというものは見たことはないのですが、実際に体験した人に話を聞くと、複数の証言がかみ合って、真実味のある事例もあるようです。 中には、1つの話から派生して尾ひ …

澄丘神社の除夜の鐘~2019年の初詣(初もうで)・厄払いの日程など【札幌市厚別区】

札幌テクノパーク内にある澄丘神社の初詣などの情報を掲載します。情報元は「まんまる新聞」平成31年1月1日号です。 スポンサーリンク   澄丘神社の2018年内の参拝 2018年12月31日( …

2018年秋_厚別区内の神社のお祭り【札幌市厚別区】上野幌、下野幌八幡、信濃、澄丘、大谷地神社

信濃神社 2018年の秋の神社のお祭り情報について、9月7日発行号の「まんまる新聞」に掲載されていましたので、ご紹介します。 スポンサーリンク 下野幌八幡神社「秋の例大祭」 日時 9月8日(土)宵宮祭 …