この記事の筆者・著者/新札幌情報ハンター

02グルメ・飲食 03店舗・商業施設

398円弁当の品ぞろえ豊富な西友厚別店_298円の商品も【札幌市厚別区】

低価格弁当の充実度で厚別区ナンバーワンは、「西友厚別店」ではないでしょうか。398円の価格帯を中心に、普通サイズなのに、なんと298円という商品まであります。

スポンサーリンク


 

低価格帯の弁当の品ぞろえでは厚別区内随一

個人的な印象も含みますが、厚別区内の食品スーパーの弁当・惣菜売り場で、低価格の弁当の品ぞろえでは、「西友 厚別店」が、最強ではないでしょうか。

最低価格だけを競うと、他にも安い店舗はありますが、品質と天秤にかけると西友は非常に充実していると思います。

それぞれのスーパーによって、店内調理の惣菜・弁当の品ぞろえには、特徴があります。弁当として完結した商品を重視する場合、副菜の惣菜を充実させる場合、お寿司や刺身に強いお店、などなど。

西友は、398円の価格帯の商品の種類が多いように思います。

398円シリーズの弁当がずらり

ここ、「西友厚別店」は、398円の価格帯を中心とした弁当の種類の多さでは、目を見張るものがあります。

カキフライ、鶏の甘酢あんかけ、鶏の味噌だれ焼き、トンカツ、サバの塩焼き・・・目移りしてしまいます。

今や、スーパーマーケットのお弁当の価格帯の主流は「398円」。

どんなコストダウンで実現できているのでしょうね。

一般論としてよく聞くのが、スーパーでは消費期限が迫って売れ残りそうなものを惣菜の調理に回すために、低価格が実現できるのでは?という説ですが、あり合わせで賄ったにしてはレベルが高すぎますね。

298円弁当「セイユーカカク」

西友には、なんと298円の弁当もあります。ネット情報では、西友が2009年4月から取り組んでいる目玉商品なんだとか。

「金山寺みそだれチキン」実食リポート

398円の「金山寺みそだれチキン弁当」を購入してみました。

メインは、みそだれに絡めた鶏肉とナス。その上にニンニクの芽が散らされています。

衣で包まれたカツ系と比較すると、肉そのものの分量は多く、お得感があります。ニンニクの芽は歯ごたえがあり、“野菜を食べている”という実感が感じられます。

具の内容も味も、大満足の一品でした。ごちそうさまでした。

■西友 厚別店
住所 北海道札幌市厚別区厚別西4条6-700-126 西友厚別店 1F
営業時間 24時間営業
定休日 不定休

アクセスマップ・地図

スポンサーリンク



にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村

-02グルメ・飲食, 03店舗・商業施設

© 2021 新札幌情報ハンター Powered by AFFINGER5